任天堂が3%高 エヌビディアと組み中国でゲーム配信と報道

7日の東京株式市場で、任天堂株が続伸した。終値は前日比1320円(3.05%)高の4万4480円。英フィナンシャル・タイムズ(FT)など海外メディアは任天堂が米エヌビディアと組み、中国市場に進出したと報じた。膨大なゲーム人口を抱える中国市場を開拓する足がかりになるとの思惑が買いを誘ったようだ。

報道によると、任天堂はエヌビディアの据え置き型ゲームを通じ「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」「ニューマリオブラザーズ Wii」などのゲームの配信を始めた。FTはエヌビディアとの協業で任天堂は中国市場に進出しやすくなるだろうとの専門家の声を紹介している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

※日経QUICKニュース(NQN)が配信した注目記事を一部再編集しました。QUICKの情報端末ではすべてのNQN記事をリアルタイムでご覧いただけます。

 

関連記事

  1. 米エヌビディア、決算「満額回答」 荒れる相場に光明? AI普及加速

  2. 【朝イチ便利帳】15日 7月の米小売売上高、連銀の製造業景況指数、エヌビディア決算

  3. エヌビディア決算は波乱なし 想定ほどでなかった「混乱と残念」

  4. あの時だれが米テック株を売ったのか 大口投資家の動向、SEC開示でじき判明

  5. 中国減速で「アウチ!」 エヌビディアまた衝撃、決算も株価も大荒れ 

  6. ソフトバンクGが保有株売却の観測 エヌビディア下げる

  7. エヌビディアショックまたも 決算発表後の時間外で急落、先行き警戒

  8. 【朝イチ便利帳】15日 10月の米小売売上高、ウォルマートやエヌビディアが決算

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP