東証の市場区分見直し 「賛成」39%「反対」13% QUICK短観

東京証券取引所による市場区分の再編に上場企業は賛成か反対か。QUICKが16日まとめた4月のQUICK短期経済観測調査(QUICK短観)によると、「賛成」と答えた企業が全体の39%と、「反対」の13%を上回った。ただ、時価総額の大きくない企業では反対の方が多かった。

東証は2100社超の1部上場企業を絞り込む方向で議論を進めており、一時期「1部維持に必要な時価総額は現行の20億円から250億円に引き上げられる可能性がある」などと報じられたこともある。調査の集計対象を1部企業に限定すると、賛成が37%で反対は17%。さらに1部上場で時価総額が250億円未満の企業に絞ると、賛成は24%にとどまり、反対が35%と逆転する。

一方、1部以外に上場する企業では賛成が43%、反対は6%。「どちらでもない」との回答が半数を超えた。

賛成する企業からは、上場企業が多すぎるという指摘が多く挙がった。「(昇格と降格の基準が甘く)ガバナンス意識の低い企業の存在を許してしまっている」(サービス業)、「これを機会に上場廃止する企業も出てくればいい」(化学品メーカー)と厳しい意見があった。

反対の理由として目立ったのが、1部からの「降格」で企業イメージが悪くなるというもの。指数連動型のパッシブ運用の投資先から外れ、「株価下落リスクが高まる」(自動車関連)ことを危惧する企業もあった。「時価総額だけでラインを引くのはナンセンス」(建材関連)、「影響力のある企業のプレミアム市場の新設なら納得できる」(環境関連)との声もあった。 

グローバルな投資家の参加を想定する企業向け市場では、四半期決算の英文開示義務付けも検討されている。これに関連し、英文開示の状況を聞いてみた。「英文開示の予定はない」という企業が全体の39%に上った。「社内体制が追いつかない」「負担になる」との理由が目立った。英文開示が必須になるなら「東証にこだわる必要がなく、海外マーケットのほうが有利」(通信機器関連)との指摘もあった。

4月のQUICK短観の調査期間は2~11日。

(QUICKナレッジ開発本部)

※QUICK端末では、QUICK短観の業況判断DI、自社株判断DI、円相場判断DIなど各種ヒストリカルデータをダウンロードできます。

関連記事

  1. 企業マインドも梅雨寒 製造業DIが3年ぶり低水準 QUICK短観7月

  2. 女性役員「今はゼロ、今後は未定」が5割 6月のQUICK短観

  3. 上場企業、新卒の通年採用「支持」が8割  5月のQUICK短観

  4. 企業の景況感、悪化にひとまず歯止め 3月QUICK短観、円高警戒も後退 

  5. 中国減速、製造業の警戒強く 非製造「影響ない」8割 2月のQUICK短観

  6. ゴーンの衝撃、自然の猛威 企業が選んだ18年の重大ニュース QUICK短観

  7. 7割の企業が「NO」 裁量労働制、担当者はこう考える 11月QUICK短観

  8. 価格転嫁や軽減税率に気をもむ企業 消費増税まで1年、QUICK短観

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP