物価2%上昇を達成できぬワケ 債券市場の見立ては…… QUICK月次調査

日銀は1月に2019年度以降の物価見通しを引き下げ、目指している「物価上昇率2%」への道のりはさらに見えなくなってきた。QUICKが4日にまとめた1月の月次調査<債券>で物価目標を達成できない理由を聞いたところ、根強いデフレ心理や低賃金など構造問題に票が集まった。債券市場と、原油価格の下落の影響などを理由に挙げる日銀との認識の違いが目立つ。

日銀は今回発表の展望リポートで、生鮮食品を除く消費者物価指数(CPI)の上昇率予測について、19年度を0.5ポイント引き下げ0.9%に、20年度を0.1ポイント引き下げ1.4%(いずれも消費増税、教育無償化の影響を除く)とした。調査はその翌週に実施し、証券会社および機関投資家の債券担当者134人が回答した。

物価上昇率2%が達成できない主な理由を3つ選んでもらい、最も多いのは「根強いデフレ心理・構造」(71%)との回答だった。「賃金の伸び悩み」(59%)、そもそも「(2%という)目標が高すぎる」(53%)と続く。さらに「人口動態」を挙げる回答も35%あり、様々な構造要因からデフレがあまり払拭されていない印象を持っているようだ。

日銀は今回の見通し引き下げについて「原油価格の下落を主因として」と説明しているが、調査ではその要因を選んだ回答は23%にとどまった。

アベノミクスを掲げる政府と日銀が共同声明(アコード)で、物価目標2%の早期達成などを約束したのはちょうど6年前。政府は今では、2%へのこだわりを見せなくなった。調査に回答したJPモルガン証券の足立正道シニアエコノミストは、「賃金面への波及なども含めて、マイルドなインフレが社会全体にとって望ましいというコンセンサスがない」としたうえで、財政政策、構造改革の取り組みの必要性を指摘している。(QUICKナレッジ開発本部 伊藤央峻)

関連記事

  1. 長期金利は年末にかけ上昇へ 19年相場、債券のプロが読む QUICK月次調査

  2. 米は利上げ2回、欧州の利上げは秋以降、そして日銀は 11月のQUICK債券月次調査

  3. 消費増税で「景気悪化」9割 債券市場、それでも8割が「賛成」 QUICK月次調査

  4. 米欧の中銀「ハト派」化、織り込み一段と 債券QUICK月次調査

  5. 与党大勝に終わった衆院選 アベノミクス・消費増税は信任得たか

  6. 2017衆院選、希望の党は波乱を呼ぶか?

  7. 債券のプロは米国債デフォルトの可能性についてどう見る?

  8. 安倍政権、低支持率からの脱却はもはや無理!?

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP