記録的猛暑も「業績に影響なし」が8割近く 8月QUICK短観~その2

夏は夏らしい暑さ、冬は冬らしい寒さになると経済活動が活発になり企業業績にプラスに働くといわれる。では、記録づくめで過酷なレベルの猛暑が続いている今年はどうだろうか。QUICKが15日まとめた8月の「QUICK短期経済観測調査(QUICK短観)」によると、猛暑でも業績にほとんど影響がないとみている企業が8割近くにのぼった。意外にクールな反応ともいえる。

8月のQUICK短観は361社の上場企業が回答し、うち313社が猛暑に関する特別質問に回答した。調査期間は8月1日~12日。

 

「足元で影響はほとんどなく、今後も特に対応は考えていない」との回答が最も多く77%(241社)だった。「猛暑特需(猛暑によるプラス効果)が生じている」と答えた企業はわずか6%(20社)で、逆に「業績に悪影響を与えている」が9%(28社)とプラス効果の回答を上回った。例年なら暑さの恩恵を受ける企業でも、暑すぎると消費者が外出を控えることなどから逆風になる。

一方で、「猛暑をビジネスチャンスと捉えて対応を講じている・考えている」と回答したのはも24社(8%)あった。

※QUICK端末では、QUICK短観の業況判断DI、自社株判断DI、円相場判断DIなど各種ヒストリカルデータをダウンロードできます。

関連記事

  1. 企業マインドも梅雨寒 製造業DIが3年ぶり低水準 QUICK短観7月

  2. 女性役員「今はゼロ、今後は未定」が5割 6月のQUICK短観

  3. 上場企業、新卒の通年採用「支持」が8割  5月のQUICK短観

  4. 東証の市場区分見直し 「賛成」39%「反対」13% QUICK短観

  5. 企業の景況感、悪化にひとまず歯止め 3月QUICK短観、円高警戒も後退 

  6. 中国減速、製造業の警戒強く 非製造「影響ない」8割 2月のQUICK短観

  7. ゴーンの衝撃、自然の猛威 企業が選んだ18年の重大ニュース QUICK短観

  8. 7割の企業が「NO」 裁量労働制、担当者はこう考える 11月QUICK短観

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP