米資本財ETF、大規模な資金流出 3Mやキャタピラーの大幅安が直撃

24日の米株式市場で、S&Pの資本財セレクト・セクター指数に連動するインダストリアル・セレクト・セクターSPDRファンド(資本財ETF、XLI)から大規模な資金が流出した。QUICK FactSet Workstationによると6億8355万ドル(約743億円)の資金流出となり、2014年10月7日(32億2253万ドル)以来3年半ぶりの大規模な流出額を記録した。

インダストリアル・セレクト・セクターSPDRファンドのフロー(QUICK FactSet Workstation)

この日の米国上場ETFの流出額ランキングでナスダック100指数と連動するパワー・シェアーズQQQ(7億3669万ドル)に次いで2位となった。

米市場でXLIは大幅に4日続落し、前日比2.79%安の73.40ドルで終えた。組入比率2位のスリーエム(3M)が今期の1株当たり利益(EPS)予想を引き下げ、7%近く下落したのが響いた。3Mの急落を受け、組み入れ比率トップのボーイングが2.88%安と連れ安。同7位の米建機大手キャタピラーが決算発表後の説明会でCFOから2018年1~3月期(1Q)がピークだったとの発言が出て6.20%安となったことも影響した。主力の資本財銘柄の下げを受け、ETFの解約売りが出て需給悪化につながったとみられる。(片平正二)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています

 

関連記事

  1. アジア株vs米国株 「貿易戦争リスク」に強いのはどっちだ

  2. 主要な米株ETF、過去1週間で1.3兆円の資金流出

  3. 女性取締役がいる上場企業、日本は2割 先進国で最低水準

  4. ドル安一服、新興国ETFに大規模資金が流入

  5. 米国上場の株式ETFから大規模資金流出 相場乱高下の2月第2週

  6. 米株高を示唆してきた? 興味深い「コンテナ処理量指数」の行方

  7. 外国人はどんな銘柄を買っているのか? 急成長した海外ETFが参考に

  8. ビットコイン急落の余波? 半導体ETF(SOXX)から大規模資金流出

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP