マクドナルド(2702)、前期は最高益 好調な本業に特別利益効果も

日本マクドナルドホールディングス(2702)が13日の取引時間終了後に発表した2017年12月期の連結決算は、純利益が前の期比4.5倍の240億円だった。鶏肉の期限切れ問題を巡る業務協定合意金など特別利益の押し上げ効果もあり、2000年12月期の168億円を大幅に上回って17期ぶりに過去最高益を更新した。

合計店舗数はわずかに減ったが、高単価の新商品などの販売が伸び、売上高は12%増加の2536億円だった。

併せて発表した18年12月期の業績予想は、前期に計上した特別利益の効果がはがれて純利益は前期比19%減の195億円。売上高は6%増の2690億円を見込む。

決算や業績予想修正による株価インパクトを統計的に数値化したQUICKの「決算スコア」は、今回の結果をプラス0.58とややポジティブに評価した。

 

 

関連記事

  1. オリンパス(7733)、18年3月期の純利益630億円に上方修正 決算スコアはプラス0.71

  2. NTT(9432)、4~12月期の連結純利益10%増 決算スコアはプラス1.03

  3. パイオニア(6773)、今期一転赤字 決算スコアは大幅なマイナスに

  4. あの企業の業績修正確率は? 進捗率や過去データから試算 【ナレッジサイト】

  5. エヌビディア、データセンター部門の伸びに注目 【米決算プレビュー】

  6. ニコン(7731)、4~12月期営業利益2.2倍 決算スコアはプラス3.33とポジティブ

  7. 住友鉱(5713)、商品相場上昇で上方修正 決算スコアはプラス3.63%

  8. 米テスラ、「モデル3」の生産目標焦点 市場は懐疑的 【米決算プレビュー】

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP