しまむら(8227)の1月既存店、「苦戦」 「伸び悩み」との声【月次業況】

しまむら(8227)が23日に発表した1月の月次動向は既存店売上高が前年同月比4.4%減となった。アナリストからは「苦戦」といった評価が漏れている。

「年末年始商戦は好調だったが、1月第2~3週の2週間は苦戦した。苦戦の理由は、①北日本を中心とした降雪や関東圏の気温上昇、②在庫不足の2点」(外資系証券)

「中旬は好調も下旬に(1)好調商材の在庫減少、(2)北陸、西日本の降雪により鈍化。同社は不調要因を価格以外の訴求がない商品施策と考えている」(国内証券)

「気温低下と年末のTVCM により、年末年始の商戦は婦人ニットや敷パット、入園入学用スーツなどが好調。成人の日以降は大雪のほか、一部売れ筋商品の在庫がなくなったこともあり伸び悩んだ。アベイルは衣料はメンズ・レディスともに堅調、ブーツ中心に靴が厳しかった」(国内証券)

QUICK端末のナレッジサイト「月次業況」では、しまむらの既存店売上高など企業が発表した最新の月次データを一覧できる。

しまむら1月

関連記事

  1. アパレル株に春が来た 2月の売り上げ、春物好調で増加【月次業況】

  2. 1月のユニクロ売上高、5カ月ぶりマイナス 月次業況

  3. ニトリ(9843)の1月既存店、「善戦」 「好調」との見方【月次業況】

  4. エクストリーム(6033)は22%高、安川電(6506)は4%安 16日の夜間PTS

  5. エクストリーム(6033)は16%高 昭電工(4004)は3%安 15日の夜間PTS

  6. MRT(6034)が21%高、RVH(6786)が18%安 14日の夜間PTS

  7. ソフトバンクG(9984)が2%高、ワイヤレスG(9419)が24%安  13日の夜間PTS

  8. Eストアー(4304)は27%高 三井金(5706)は5%安 10日の夜間PTS

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP