三菱UFJ国際「サイバーセキュリティ株式OP」の残高、1000億円超す

三菱UFJ国際投信が運用する「サイバーセキュリティ株式オープン(為替ヘッジなし)」(03315177)の純資産総額(残高)が初めて1000億円を突破した。4日の残高は1005億円。2017年7月の設定からおよそ2年で大台に乗せた。

同ファンドの投資対象は日本を含む世界の株式。サイバー攻撃に対するセキュリティ技術を持ち、その技術を活用した製品・サービスを提供するテクノロジー関連企業に投資する。5月末時点での組み入れ銘柄数は39で、国別では米国が87.7%を占める。

4日時点の基準価額は1万5246円。設定後すぐに9300円台まで下がったが、2017年9月中旬には1万円台を回復。その後は1万円を下回ることなく、ほぼ右肩上がりで推移した。今年に入り月次で資金流出超に転じる場面があったものの、足元では資金流入傾向に戻りつつある。

投資対象が同じで、為替ヘッジをする「サイバーセキュリティ株式オープン(為替ヘッジあり)」(03314177)の4日時点の基準価額は1万5356円、残高は258億円だった。どちらも大手証券やメガバンクをはじめ、全国の金融機関で販売している。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 1月の投信、三菱UFJ国際が資金流入額首位

  2. 三菱UFJ国際「ワールド・リート・オープン」、分配金を減額 過去最低の20円に

  3. 三菱UFJ国際「花こよみ」、分配金減額 過去最低の15円に

  4. 三菱UFJ国際投信の「夢実月」、分配金を45円に減額

  5. 三菱UFJ国際投信、「eMAXIS Slim」の信託報酬引き下げ 業界最安に

  6. ここまで見せた! 三菱UFJ国際が運用の現場をブロガーに大公開

  7. 積み立て投資の魅力、動画で伝える 三菱UFJ国際が学生向けコンテスト 

  8. 投信ブロガーが選ぶこの1本 2018年の1位は「eMAXIS Slim先進国株式」

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP