投信から資金流出 10連休前に手じまい売り

改元に伴う4月27日~5月6日の10連休を控え、投資信託市場からの資金流出が加速している。4月の国内公募追加型株式投信(ETFを除く)の資金動向は、3週目まで(19日時点)のQUICK推計ベースで5000億円を超す資金流出超となった。このまま月末を迎えると3カ月連続の資金流出超で、「トランプ相場」後の利益確定売りなどで資金が流出した2016年12月(6347億円)以来の多さとなる(図表1)。

連休前の駆け込みで、手じまい売りや利益確定目的の解約が膨らんだ。特に株式で運用するタイプの投信から資金流出が目立ち、流出額上位10本はすべて株式関連だった(図表2)。

最も多く資金が流出したのは、日経平均株価に連動するインデックス型の「日経225ノーロードオープン」(47311988)。19日時点で約265億円の資金が流出した。2位は「ロボット・テクノロジー関連株ファンド -ロボテック-」(0431115C)。ほかにも上位10本にはロボットやAI(人工知能)、モビリティなどのテーマ型が目立った。

(QUICK資産運用研究所)

 

関連記事

  1. アセマネOne「たわら」、幅広い販売網で存在感(インデックスファンドNAVI)

  2. ピクテの「グロイン」、残高の伸び最大 2019年上期

  3. 2019年上期、ピクテの「グロイン」が資金流入トップ

  4. 投信、資金流入トップは「THE 5G」 2018年度

  5. アセマネOneが資金流入額トップ 10月の運用会社別投信

  6. アセマネOne、残高増加と資金流入で首位 8月の運用会社別投信

  7. アセマネOne「未来の世界」、新たに2本追加 シリーズ7本に

  8. 第2回QUICKが選ぶ「中長期投資にふさわしい投信」 ~運用成績を定量評価~

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP