「アジア・オセアニア好配当成長株」、分配金を減額 過去最低の20円に

岡三アセットマネジメントが運用する「アジア・オセアニア好配当成長株オープン(毎月分配型)」(0931105A)が11日の決算で1万口あたりの分配金を前月より15円安い20円に引き下げた。分配金の減額は2016年7月の決算以来2年8カ月ぶり。2005年10月の設定以降で過去最低水準を更新した。

同ファンドは日本を除くアジア・オセアニア地域の株式が投資対象で、高い配当収入の確保と株価の上昇が期待できる銘柄を選択する。1月末時点では、中国ネットサービスの騰訊控股(テンセント)や韓国のサムスン電子が組み入れ銘柄上位に入る。2月末時点の1年リターン(分配金再投資ベース)はマイナス5.65%だった。

岡三アセットマネジメントは、分配金の引き下げについて「基準価額の推移や分配金利回りの水準、分配可能原資の状況等を勘案した結果」としている。

◇岡三アセットマネジメントの発表資料

第160期決算における分配金について

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 三菱UFJ国際「ワールド・リート・オープン」、分配金を減額 過去最低の20円に

  2. 大和住銀「短期豪ドル債オープン」、分配金を減額 過去最低の10円に

  3. ニッセイAMの「ラッキー・カントリー」、分配金を100円に減額 過去最低と並ぶ

  4. 「ダイワ高格付カナダドル債」が分配金減額 過去最低の15円に

  5. 三菱UFJ国際「花こよみ」、分配金減額 過去最低の15円に

  6. アセマネOne「新光J-REIT」が分配金を40円に減額 13年ぶりの低さ

  7. 大和投信「杏の実」が分配金引き下げ 過去最低の10円に

  8. 三井住友AM「アジア好利回りリート」、今年2回目の分配金減額

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP