大型投信、残高の落ち込み目立つ  2018年末、1兆円ファンド消える

国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)で、2018年末の純資産総額(残高)ランキングは首位が「フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド」(32315984)で残高は6276億円だった。年末時点で1兆円を超す巨大ファンドがなくなるのは2001年以来17年ぶりとなる。上位15本の中には前年末比で残高を大きく減らしたファンドが目立った。

17年末に首位だった「新光 US-REIT オープン<愛称:ゼウス>」(47311049)は3位に後退。残高は前年末から4000億円以上減り、上位15本で最も落ち込みが大きかった。ゼウスを筆頭に海外のREIT(不動産投信)型や海外債券型の残高が大幅に減少した。

上位15本のうち、4本は圏外から新たにランクインした。9位の「東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)<愛称:円奏会>」(4931112B)は残高が前年末比で1194億円増え、上位15本で最も残高を伸ばした。2番目に多く残高を積み増したのは「グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)<愛称:未来の世界>」(47316169)で15位に入った。

17年末に13位だった「ひふみプラス」(9C311125)は5位に浮上。6位の「ダイワファンドラップ 日本債券セレクト」(0431307B)も12位から躍進し、ラップ口座専用ファンドとしては年末時点で初めて上位10本に入った。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 三井住友トラストAMが資金流入額首位 12月の運用会社別投信

  2. 「ダイワ高格付カナダドル債」が分配金減額 過去最低の15円に

  3. 三菱UFJ国際「花こよみ」、分配金減額 過去最低の15円に

  4. 個人投資家の一大オフ会に 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」懇親会

  5. 投信積み立て、ネット証券での取引多く 【個人の資産形成に関する意識調査⑥】

  6. 投信ブロガーが選ぶこの1本 2018年の1位は「eMAXIS Slim先進国株式」

  7. 投信、「先進国株」×「国内REIT」でリスク抑制 18年12月末の相関係数

  8. つみたてNISAの口座開設3.7%どまり 【個人の資産形成に関する意識調査⑤】

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP