新生銀、投信サイトを刷新 「QUICKファンドスコア」掲載

新生銀行は28日、投資信託やマーケットに関する情報サイトを全面刷新した。個別投信の情報や銘柄比較機能などを拡充することで、個人投資家にとってより便利で使いやすいサイトを目指す。

サイト刷新は「顧客本位の業務運営」への取り組みの1つ。過去の運用成績などに基づいた投信積み立てのシミュレーションなどもできるようになった。

個人投資家が投信選びなどに使える参考情報として、QUICK資産運用研究所が開発した「QUICKファンドスコア」の提供を開始。投信を「長期投資にふさわしいかどうか」の視点から多角的に分析した評価指標で、顧客向けのパンフレットなどにも掲載する方針だ。

投信を販売する国内銀行でQUICKファンドスコアを活用するのは初めて。新生銀は分かりやすく比較しやすい情報提供を追求することで、「顧客本位の業務運営を徹底する」としている。

◆新生銀行のプレスリリースはこちら

◆新生銀行の投信情報サイトはこちら

◆QUICKファンドスコアの詳しい説明はこちら 

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 松井証券、新ロボアドを開始 投信選びに「QUICKファンドスコア」活用

  2. QUICKファンドスコアで投信比較! ひふみプラスが8、フィデリティ日本成長株は9

  3. コモンズ投信、顧客の97.7%が含み益 独立系は高水準

  4. ネット証券で残高上位の投信、運用効率が高い傾向 共通KPIで比較

  5. SBI証券、投信で顧客の7割超が利益 全売却分含め公表

  6. 投信で含み益、顧客の6割超で ネット証券4社

  7. 投信「半数の個人が損失」の驚き 金融庁の共通指標どう読み解く

  8. 投信販社の評価に共通3指標 金融庁、コストや収益を「見える化」

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP