大和投信「杏の実」が分配金引き下げ 過去最低の10円に

大和証券投資信託委託が運用する「ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン(毎月分配型)<愛称:杏の実>」(04311036)が15日の決算で1万口あたりの分配金を前月(20円)の半額となる10円に引き下げた。分配金の減額は3月に続き、今年2回目。2003年6月の設定以降の過去最低水準となった。

同ファンドはオーストラリア(豪州)ドル建てとニュージーランドドル建ての公社債などが投資対象で、格付けが比較的高い債券で運用している。10月末時点の1年リターン(分配金再投資ベース)はマイナス5.62%だった。月次ベースでは2015年7月から3年4カ月連続で資金流出超となっており、純資産総額(残高)は減少傾向が続いている。

大和投信は15日のファンドレターで、分配金を見直した理由を「現在の基準価額の水準および分配対象額の状況などを考慮した結果」とし、豪ドルの対円為替レートの下落や豪ドル建ての債券から得られる配当等収益の低下を要因に挙げた。

◇大和証券投資信託委託の発表資料はこちら↓

第185期分配金は10円(1万口当たり、税引前)

 

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 三菱UFJ国際投信の「夢実月」、分配金を45円に減額

  2. 大和「ダイワ・USリートB」、分配金を40円に減額

  3. 大和「ダイワ米国リート(毎月)」、分配金を50円に減額

  4. アセマネOne「新光J-REIT」が分配金を40円に減額 13年ぶりの低さ

  5. 三井住友AM「アジア好利回りリート」、今年2回目の分配金減額

  6. 「ピクテ新興国インカム株式」が分配金を減額 過去最低の15円に

  7. アムンディ「日興レジェンドイーグル」が分配金を減額 5年半ぶり低水準

  8. 野村アセット「米国ハイ・イールド債券投信(レアル)毎月」が分配金を減額 過去最低の30円に

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP