アセマネOneの元本確保型「プライムOne」、第3弾は151億円

アセットマネジメントOneが31日に設定した単位型の「ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-10(愛称:プライムOne2018-10)」(4721118A)は、申込期間に151億円の資金が集まった。

投資した資金が目減りしない円建てでの「元本確保」を目指すファンドで、投資家が満期まで約10年間このファンドを保有し続けると原則、投資金額が戻る。7月に募集した第1弾は大和証券1社で300億円超を販売。9月に募集した第2弾は販売会社が増え、今年設定された国内公募投資信託の中で最大の840億円となった。第4弾も11月30日に設定する。

T&Dアセットマネジメントも12月17日に円建てで元本確保を目指す類似の「モルガン・スタンレー社債/マルチアセット運用戦略ファンド2018-12(愛称:攻守の果実2018-12)」を設定する予定。10月31日に有価証券届出書を提出した。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. アセマネOne「プライムOne」、当初設定額840億円で今年最大に

  2. アセマネOne「GS社債/国際分散投資戦略」、当初設定額が300億円超す

  3. アセマネOne「ライジング・フューチャー」、当初設定額が374億円に

  4. 「未来の世界(年2回)」の当初設定641億円 今年2番目の大きさ、アセマネOne

  5. 円建てで初の「元本確保型」投信が登場 アセマネOne、9月に第2弾も

  6. アセマネOne「新光J-REIT」が分配金を40円に減額 13年ぶりの低さ

  7. アセマネOne「未来の世界」残高4000億円に  設定から2年

  8. 9月の投信、日経平均連動型から資金流出 利益確定で

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP