「ひふみプラス」、残高で3位に浮上  「ゼウス」抜く

レオス・キャピタルワークスが運用する「ひふみプラス」(9C311125)の純資産総額(残高)が27日時点で6576億円と、国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)で3位に浮上した。月末時点のデータでさかのぼると、主に国内の株式で運用するファンドが3位以内に入るのは、2005年3月末の「フィデリティ・日本成長株・ファンド」(32311984)以来でおよそ13年半ぶりとなる。

これまで3位だった毎月分配型の「新光US‐REIT オープン(愛称:ゼウス)」(47311049)は、27日時点で4位に後退した。ひふみプラスは年1回決算型。トップ3に毎月分配型以外のファンドが入るのは、08年9月末に3位だった隔月決算型の「マイストーリー分配型(年6回)Bコース」(01312055)以来。

ひふみプラスは好成績や知名度向上を背景に17年初めごろから資金流入が拡大し、残高は増加傾向にある。ランキングでは16年末時点で100位圏外だったのが17年末時点で13位、足元で3位まで躍進した。最近は運用成績の低迷などで資金流入ペースがやや鈍化しているが、8月までの3カ月は月間で100億円を上回る流入超を維持している。

主な運用対象は国内株式だが、17年6月から海外株式も組み入れるようになった。18年8月末時点で海外株式の組み入れ比率は10.8%。投資している238銘柄のうち、上位にアマゾン・ドット・コムやVISAなど米国の株式が並ぶ。18年8月末時点のリターンは過去3年が57.52%、1年が16.39%のプラス、6カ月はマイナス0.33%となっている。

■ひふみの組み入れ上位銘柄
 ①アマゾン・ドット・コム(AMZN)
 ②VISA(V)
 ③マイクロソフト(MSFT)
 ④光通信(9435)
 ⑤協和エクシオ(1951)
 ⑥コスモス薬品(3349)
 ⑦東京センチュリー(8439)
 ⑧ネットワンシステムズ(7518)
 ⑨ダイフク(6383)
 ⑩ガンホー・オンライン・エンターテイメント(3765)
 ※2018年8月31日基準時点の月次レポートから抜粋。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 投信残高、「フィデリティUSハイ」が首位に返り咲き  「ゼウス」は2位に後退

  2. 投信の残高増加額でBNYメロン首位 18年上期、資金流入額の最大は日興アセット 

  3. 投信残高の増加額はレオスが首位、2位に日興アセット 2017年度の運用会社別

  4. レオス「ひふみプラス」、残高6000億円突破 海外株の組み入れ比率が増加

  5. ニッセイアセット「げんせん投信」、目指すは日本株最大のファンド

  6. ひふみプラス、4月に100億円超の資金流出 設定後で最大に

  7. 投信、資金流入トップは「THE 5G」 2018年度

  8. 投信ブロガーが選ぶこの1本 2018年の1位は「eMAXIS Slim先進国株式」

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP