日興AM「グローバル・フィンテック年2」、残高1000億円超す 設定から1年

日興アセットマネジメントが運用する「グローバル・フィンテック株式ファンド(年2回決算型)」(02312179)の純資産総額(残高)が1000億円を超えた。21日時点の残高は1006億円で、昨年9月15日の設定からおよそ1年で大台に乗せた。

主な投資対象は日本を含む世界の株式のうち、金融とIT(情報技術)を融合させたフィンテック関連の銘柄。8月末時点の上位銘柄には電子決済サービスの米スクエア(SQ)やネット小売りの米アマゾン・ドット・コム(AMZN)、中国ネットサービスの騰訊控股(テンセント)が並ぶ。

8月末時点の設定来リターン(分配金再投資ベース)は28.15%。直近3カ月は月間100億円を上回るペースで資金流入が続いている。

同じマザーファンドに投資する年1回決算の「グローバル・フィンテック株式ファンド」(0231116C)も、21日時点の残高が2217億円まで積み上がっている。


(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 日興アセット「グローバル・フィンテック株式」、残高が2000億円に

  2. 東京海上AMの「円奏会(年1回決算)」 残高が1000億円を突破

  3. アセマネOne「未来の世界」残高4000億円に  設定から2年

  4. 9月の投信、日経平均連動型から資金流出 利益確定で

  5. 大和投信「ワールド・フィンテック革命ファンド」、当初設定額が総額200億円超す

  6. 4~9月の投信残高、「ゼウス」▲1200億円で落ち込み鮮明 「ひふみ」が増加

  7. 三井住友AM、投信残高の増加と資金流入で首位 9月の運用会社別

  8. 三井住友AM「アジア好利回りリート」、今年2回目の分配金減額

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP