野村アセット「自己ベスト」、当初設定額が200億円上回る

野村アセットマネジメントが24日に設定した「野村日本最高益更新企業ファンド(愛称:自己ベスト)」(01313187)は、当初設定額で214億円の資金が集まった。今年設定された国内公募の株式投資信託(単位型を含む)の中で6番目の多さとなった。

国内の株式のうち、最高益を更新してきた銘柄や今後の最高益更新が期待される銘柄で運用する。社会的責任や環境配慮など「ESG」への取り組みなども考慮して銘柄を選ぶ。販売会社は野村証券1社で、購入時手数料(税込み)の上限が3.24%、信託報酬(同)が1.566%。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 「未来の世界(年2回)」の当初設定641億円 今年2番目の大きさ、アセマネOne

  2. アセマネOne「GS社債/国際分散投資戦略」、当初設定額が300億円超す

  3. 野村アセット「米国ハイ・イールド債券投信(レアル)毎月」が分配金を減額 過去最低の30円に

  4. 「野村ドイチェ・高配当インフラ関連株」の毎月分配型、全コースで分配金を減額 過去最低に

  5. 野村AM、「ブランド」「分かりやすさ」で低コストと一線(インデックスファンドNAVI)

  6. 三井住友アセット、資金流入2カ月連続の首位 7月の運用会社別投信

  7. 大和「ダイワ・USリートB」、分配金を40円に減額

  8. 大和「ダイワ米国リート(毎月)」、分配金を50円に減額

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP