「野村ドイチェ・高配当インフラ関連株」の毎月分配型、全コースで分配金を減額 過去最低に

野村アセットマネジメントが運用する毎月分配型の「野村ドイチェ・高配当インフラ関連株投信(通貨選択型)」は、20日の決算で5コースすべての分配金を引き下げた。分配金の水準はいずれも各コースの過去最低となった。

このうち、20日時点の純資産総額(残高)が1643億円と最大の「野村ドイチェ・高配当インフラ関連株投信(米ドルコース)毎月分配型」(0131410A)は、1万口あたりの分配金を前月より10円安い20円とした。米ドルコースの1年リターン(分配金再投資ベース)は6月末時点でマイナス5.62%、基準価額は1年前と比べて5.72%下がった。

同ファンドのシリーズは、世界各国のインフラ関連の株式や米国上場のMLP(共同投資事業)などに投資する。為替取引の対象通貨を5つの異なるコース(円、米ドル、豪ドル、ブラジルレアル、通貨セレクト)から選べる通貨選択型の投信。

野村アセットマネジメントは、分配金を引き下げた理由を「基準価額およびインカム収入の水準などを総合的に勘案」したとしている。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. アムンディ「日興レジェンドイーグル」が分配金を減額 5年半ぶり低水準

  2. ピクテ「グロイン」分配金を40円に引き下げ 9年ぶり低水準

  3. 「アジア・オセアニア好配当成長株」、分配金を減額 過去最低の20円に

  4. 三菱UFJ国際「ワールド・リート・オープン」、分配金を減額 過去最低の20円に

  5. 大和住銀「短期豪ドル債オープン」、分配金を減額 過去最低の10円に

  6. ニッセイAMの「ラッキー・カントリー」、分配金を100円に減額 過去最低と並ぶ

  7. 「ダイワ高格付カナダドル債」が分配金減額 過去最低の15円に

  8. 三菱UFJ国際「花こよみ」、分配金減額 過去最低の15円に

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP