投信、相性の良い組み合わせは? 6月末時点の「相関係数」一覧

複数の投資信託に分散投資する際、有効な組み合わせを探すのに便利なのが「相関係数」と呼ばれる統計指標だ。投資対象で区分した「新QUICK投信分類(大分類)」について、6月末までの1年間(日次データ)と10年間(月次データ)の相関係数をまとめた。

複数のファンドに投資する場合、値動きの傾向が違うタイプを組み合わせると分散投資の効果が出やすい。例えば、投資家のリスク選好局面で買われやすい株式に投資するファンドと、逆に売られやすい債券に投資するファンド。この両方を持っていれば反対方向の値動きが打ち消しあって、全体のリスク(価格の振れ幅)を抑えることができる。

有効なファンドの組み合わせは「相関係数」を使うと探しやすい。相関係数は投資対象が異なる2つのファンドが似た値動きをするほどプラス1に近づき、逆の値動きをするほどマイナス1に近づく。ゼロなら値動きの関係がなかったことを示す。相関係数が低いファンド同士を組み合わせると、全体の価格変動リスクを低減しながらリターン向上を狙う分散投資効果が期待できる。

日次1年の表の「先進国株式型」を見ると「国内REIT型」との相関が0.22と低いが、「グローバル株式(先進・新興複合)型」との相関係数は0.95と高い。「先進国株式型」の投信を保有していて、もう1ファンド購入を検討している場合、「グローバル株式(先進・新興複合)型」を購入するよりも「国内REIT型」を組み合わせた方が、よりリスクを小さくすることができると言える。

(QUICK資産運用研究所)

 

関連記事

  1. 大和投資信託「iFree」 とんがった品揃え、個性が強み(インデックスファンドNAVI)

  2. 投信ブロガーとつながる三菱UFJ国際 商品戦略に意見反映、発信力に期待

  3. コモンズ投信、顧客の97.7%が含み益 独立系は高水準

  4. アセマネOneが資金流入額トップ 10月の運用会社別投信

  5. アセマネOneの元本確保型「プライムOne」、第3弾は151億円

  6. フィデリティ「USハイ」残高7000億円割れ 国内最大、ピークのほぼ半分に

  7. 7~9月の投信運用、「株式型」の好調目立つ

  8. 東京海上AMの「円奏会(年1回決算)」 残高が1000億円を突破

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP