大和投信「ワールド・フィンテック革命ファンド」、当初設定額が総額200億円超す

大和証券投資信託委託が11日に設定した「ワールド・フィンテック革命ファンド」は、為替ヘッジありとなしの2本で当初設定額が200億円を超えた。ヘッジなし(04315186)に約166億円、ヘッジあり(04314186)に約38億円の資金が集まった。

投資対象は日本を含む世界の株式のうち、金融とIT(情報技術)を融合した「フィンテック」に関連する銘柄。大和証券1社で販売する。

為替ヘッジなしコースの当初設定額は、今年に入って新規設定された国内公募の投資信託(追加型と単位型)で6番目に多い。ヘッジありも上位20本に入った。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 大和「ダイワ・USリートB」、分配金を40円に減額

  2. 大和「ダイワ米国リート(毎月)」、分配金を50円に減額

  3. 日興アセット「ロボティクス年2」の残高が初の5000億円台  大和投信「ロボテック」は4000億円突破

  4. 大和投信「ダイワ高格付カナダドル債」 分配金を引き下げ、過去最低の25円に

  5. 大和投信「杏の実」、分配金を20円に減額 過去最低と並ぶ

  6. 大和投信「iFreeNEXT」「iFreeActive」、岡三オンラインとSBIで販売開始

  7. 大和投信「米国リート・αクワトロ」、分配金を減額 設定後初めて

  8. 投信の勢力図に変化 「国内株式型」が11年ぶり残高トップ10に

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP