大和投信「ワールド・フィンテック革命ファンド」、当初設定額が総額200億円超す

大和証券投資信託委託が11日に設定した「ワールド・フィンテック革命ファンド」は、為替ヘッジありとなしの2本で当初設定額が200億円を超えた。ヘッジなし(04315186)に約166億円、ヘッジあり(04314186)に約38億円の資金が集まった。

投資対象は日本を含む世界の株式のうち、金融とIT(情報技術)を融合した「フィンテック」に関連する銘柄。大和証券1社で販売する。

為替ヘッジなしコースの当初設定額は、今年に入って新規設定された国内公募の投資信託(追加型と単位型)で6番目に多い。ヘッジありも上位20本に入った。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 日興AM「グローバル・フィンテック年2」、残高1000億円超す 設定から1年

  2. 日興アセット「グローバル・フィンテック株式」、残高が2000億円に

  3. ロボアド「利用したい」は1割どまり 日経リサーチが調査

  4. 「投資を自然なことに」おつりで投資のトラノコ バロック社長に聞く

  5. お金のデザインが拓く「新しい資産運用」 ポイント投資やロボアドで異業種連携

  6. スマホで「テーマ投資」の次の展開は FOLIO・甲斐CEOに聞く

  7. 英個人、仮想通貨に消極的? フィンテック投資を拡大

  8. ウェルスナビ 「品質」「透明性」「協業」でロボアド市場けん引 柴山CEOに聞く

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP