ラップ口座残高、8兆円に迫る 過去最高を更新・3月末

日本投資顧問業協会が6日に発表した「契約資産状況」によると、投資家が金融機関に運用を一任する「ラップ口座」の残高が2018年3月末時点で過去最高の7兆9843億円になった。17年12月末と比べ984億円増え、8兆円に接近した。ただ、株安などで運用成績が振るわず、伸びは1.2%にとどまった。四半期ベースでは16年6月末(0.3%減)以来の低水準。

契約件数も71万6614件と、過去最高を更新した。17年12月末から5万件以上増え、増加ペースが加速した。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. ラップ口座残高、7兆円超す 過去最高を更新

  2. ラップ口座残高、過去最高を更新 7兆円に接近

  3. 金融庁、投信販売に「改善の余地」 QUICK資産運用討論会

  4. 最近始めた金融取引、シニア世代では「ラップ口座」も【日経リサーチ調査⑧】

  5. 日興ファンドラップ、預かり残高が1兆円突破

  6. 「野村インド債券ファンド(毎月)」が分配金を50円に減額 過去最低に並ぶ

  7. 大和投信「ワールド・フィンテック革命ファンド」、当初設定額が総額200億円超す

  8. アセマネOne「投資のソムリエ」、残高が初めて1000億円台に

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP