「人生100年見据えた資産形成を」 QUICKが資産運用討論会

QUICKは23日午後、「資産運用新時代 覚醒する1800兆円」と題した討論会を開いた。野村アセットマネジメントの栗崎修常務執行役員は講演で、投資信託について「資産寿命を延ばすことが重要だ」と指摘。投信市場の拡大に向けて「『人生100年時代』を見据えた、安心で計画的な商品提案が求められる」と強調した。

ゆうちょ銀行の小藤田実・営業部門執行役は、投信の販売状況について「新規の口座開設件数は順調に拡大しており、意識が浸透し始めている」と語った。また「(比較的若い世代の)20~40代の潜在的なニーズにも働きかけていきたい」と課題も挙げた。

ロボット投資を手掛けるお金のデザイン(東京・港)の中村仁社長は、若年層の投資への理解を深めるためには「まず経験することが重要」と指摘した。NTTドコモの「dポイント」を投資に活用するサービスは、想定をはるかに上回るユーザー数を獲得できたという。「資産運用が毎日の当たり前のサービスとして溶け込んでいくようになる」との展望を示した。

お金のデザインの中村仁社長

討論会では講演のほか、金融庁の油布志行参事官と北沢千秋・QUICK資産運用研究所長が、家計の資産形成について対談した。油布氏は少額投資非課税制度(NISA)について「恒久化が非常に大きな課題だ」と指摘。今年から始まった「つみたてNISA」なども含め、より利便性を高めていく意向を示した。

対談する金融庁の油布志行参事官(右)と北沢千秋・QUICK資産運用研究所長

資産運用討論会は今年で5回目。証券会社や運用会社の担当者など約250人が参加した。

【日経QUICKニュース(NQN)】

関連記事

  1. 金融庁、投信販売に「改善の余地」 QUICK資産運用討論会

  2. 学生投資連合×金融庁 「つみップ」参戦、質問攻めに

  3. 家族そろって「つみップ」 金融庁が都内で「ママ部」開催

  4. 「野村インド債券ファンド(毎月)」が分配金を50円に減額 過去最低に並ぶ

  5. 「ブラジル・ボンド・オープン (毎月)」と組み合わせに適した投信は?  「相関係数」活用術

  6. 「為替ヘッジあり」投信、コスト上昇に要注意   

  7. 「フィデリティUSリートB」と組み合わせに適した投信は? 「相関係数」活用術

  8. 大和投信「ワールド・フィンテック革命ファンド」、当初設定額が総額200億円超す

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP