アムンディ「あんしんスイッチ」、野村証券でも取り扱い開始

野村証券は27日、アムンディ・ジャパンが運用する「SMBC・アムンディ プロテクト&スイッチファンド(愛称:あんしんスイッチ)」(58311177)の取り扱いを始めた。注文の受付開始は5月2日から。「あんしんスイッチ」は、これまで三井住友銀行とSMBC日興証券の2社で販売していた。

同ファンドはは昨年7月に設定され、純資産総額(残高)は今年3月末時点で2300億円超。複数の資産に分散投資するバランス型では国内3番目の規模となる。

投資対象は世界の株式や債券、短期金融資産などで、資産配分を機動的に変更する。日本で初めて「プロテクトライン」と呼ぶ下限値を設定し、基準価額が常にこの水準を上回るように運用する「損失限定型」だ。

3月は設定額から解約額を引いた資金流入超過額が約100億円で、運用開始から9カ月連続で流入超が続いている。組み入れ資産は3月末時点で株式が21.5%、債券が54.0%、現金などの短期金融資産が24.5%となっている。

※アムンディ・ジャパンの発表資料はこちら

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 金融庁、投信販売に「改善の余地」 QUICK資産運用討論会

  2. アムンディ「あんしんスイッチ」、残高が2000億円突破 設定から半年

  3. アムンディ「日興レジェンド・イーグル(資産成長)」、残高1000億円超 設定後8年で

  4. アムンディ「あんしんスイッチ」、人気衰えず残高1000億円突破 気になるパフォーマンスは?

  5. 日興アセット「ロボティクス年2」の残高が初の5000億円台  大和投信「ロボテック」は4000億円突破

  6. 三菱UFJ国際「グロソブ」の残高トップ10落ち 17年半の記録途切れる 

  7. ニッセイアセット「ニッセイオーストラリア高配当株」 分配金を100円に減額、過去最低と並ぶ

  8. アセマネOne「コアラの森」が分配金減額 過去最低の25円に

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP