レオスが躍進、キャピタルも急浮上 野村アセットは首位維持 17年末・運用会社別投信残高

 国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)について、運用会社別に2017年の純資産総額(残高)を集計したところ、上位の順位に大きな変動はなく、野村アセットマネジメントが首位を維持した。レオス・キャピタルワークスは1年間で4600億円近く増やし、2016年末の34位から19位に躍進。キャピタル・インターナショナルが47位から25位に急浮上した。

(注)2017年12月29日時点。対象はETFを除く国内設定の公募追加型株式投信(単位型は含まない)。億円未満切捨て。▲はマイナス。資金流入額はファンドの設定額から解約額を差し引いた概算推計値。償還ファンドも考慮し、償還額は解約額に加算。運用増加額は純資産増加額から資金流入額を引いた値で、運用のみによる増加額を意味する(概算値)。純資産増加額=資金流入額+運用増加額。分配金支払総額(概算値)は資金流出額には含まれず、分配しなかった場合に比べ、運用増加額は分配金支払総額分だけ減額となる。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 投信、アセマネOneが資金流入額首位 昨年12月の運用会社別

  2. 年1回決算の株式型ファンドが躍進 2017年度の投信残高

  3. つみたてNISA対象投信に資金流入 インデックスは日経平均型、アクティブはひふみ

  4. 投信残高、「フィデリティUSハイ」が首位に返り咲き  「ゼウス」は2位に後退

  5. 投信の勢力図に変化 「国内株式型」が11年ぶり残高トップ10に

  6. 「野村ハイベータ日本株」750億円集める 野村証券が販売

  7. 「ひふみプラス」の残高、5000億円を突破 初のトップ10入り

  8. 投信残高、1兆円超のファンドがゼロに 毎月分配型から資金流出

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP