GS「ネットウィンB」、残高が1000億円に 設定から18年

 ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントが運用する「netWIN ゴールドマン・サックス・インターネット戦略ファンドBコース(為替ヘッジなし)」(3531299B)の純資産総額(残高)が1000億円に到達した。4日時点の残高は1001億円。1999年11月の設定から18年あまりが経過した息の長いファンドがようやく大台に乗せた。

 投資対象は主に米国のインターネット企業や、インターネット・ユーザーに対してアクセス、インフラ、コンテンツなどのサービスを提供している企業が中心。昨年11月末時点ではアルファベット(GOOG)、アップル(AAPL)、アマゾン・ドット・コム(AMZN)が組み入れ銘柄の上位に並ぶ。昨年11月末の1年リターン(分配金再投資ベース)は33.32%だった。

(QUICK資産運用研究所 小松めぐみ)

 

関連記事

  1. 東京海上AM「円奏会」、残高が初めて4000億円を突破

  2. 投信の残高増加額でBNYメロン首位 18年上期、資金流入額の最大は日興アセット 

  3. 毎月分配型が減少、大幅増はひふみプラスなど 2018年上期の投信残高上位

  4. 三井住友アセット、残高増加と資金流入が首位 6月の運用会社別投信

  5. アライアンス「米国成長株C」の残高が1000億円を突破

  6. 三菱UFJ国際投信、「eMAXIS Slim」の信託報酬引き下げ 業界最安に

  7. ニッセイアセット、インデックスシリーズの信託報酬を引き下げ 業界最安に

  8. 「明治安田クオリティ日本株」の当初設定額、100億円超す 今年7番目の大きさ

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP