投信残高、1兆円超のファンドがゼロに 毎月分配型から資金流出

国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)で、純資産総額(残高)が1兆円を超す大型ファンドがゼロになった。21日時点で残高首位の「新光US-REITオープン<愛称:ゼウス>」(47311049)が9971億円、2位の「フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)」(3231203C)が9930億円と、ともに1兆円を割り込んだ。

QUICK資産運用研究所が月末ベースの投信残高を過去にさかのぼって調べたところ、国内公募の追加型株式投信(ETFを除く)で1兆円超のファンドがゼロになるのは、2002年9月末以来およそ15年3カ月ぶりとなる。

昨年末ごろから大型の毎月分配型ファンドで分配金の引き下げが相次ぎ、資金流出による残高減少が続いていた。「フィデリティ・USリートB」は今年11月にも分配金を引き下げ、資金流出が加速。これまで約1年にわたり首位を維持していたが、20日時点で2位に後退していた。

(QUICK資産運用研究所 西田玲子)

関連記事

  1. 投信残高、「フィデリティUSハイ」が首位に返り咲き  「ゼウス」は2位に後退

  2. 投信の勢力図に変化 「国内株式型」が11年ぶり残高トップ10に

  3. 日興アセット「グローバル・ロボティクス」、純資産残高がトップ10入り

  4. 投信残高、アセマネOne「ゼウス」が再び首位に 「フィデリティUSリート」陥落

  5. アセマネOne「未来の世界(新興国)」、当初設定額が今年最大の977億円

  6. レオスが躍進、キャピタルも急浮上 野村アセットは首位維持 17年末・運用会社別投信残高

  7. 投信、アセマネOneが資金流入額首位 昨年12月の運用会社別

  8. 「ひふみプラス」の残高、5000億円を突破 初のトップ10入り

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP