野村アセット「野村インド株」、残高が7位に浮上 「グロソブ」を上回る

国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)を18日時点の純資産総額(残高)でランキングしたところ、野村アセットマネジメントの「野村インド株投資」(01312056)が5628億円で7位に浮上した。三菱UFJ国際投信が運用する「グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)」(0331397C)の5500億円を上回った。
 
インドの株式で運用する「野村インド株」は、昨年夏以降に資金流入ペースが加速。今年9月に初めて残高上位10本に入った。昨年末時点で残高は1956億円、順位は48位だったが、継続して個人マネーが流れ込み存在感を強めている。18日時点の残高上位10本のうち、「野村インド株」以外はすべて毎月分配型。
 
一方、「グロソブ」は2007年のピーク時に残高が5兆5000億円を超え、毎月分配型投信の代名詞とも言える人気商品だった。長く残高首位に君臨していたが、米リーマン・ショック後の2008年10月から月次ベースで資金流出超が続いている。
 
 
(QUICK資産運用研究所 小松めぐみ) 

関連記事

  1. つみたてNISA対象投信に資金流入 インデックスは日経平均型、アクティブはひふみ

  2. レオスが躍進、キャピタルも急浮上 野村アセットは首位維持 17年末・運用会社別投信残高

  3. 投信、アセマネOneが資金流入額首位 昨年12月の運用会社別

  4. 投信残高、「フィデリティUSハイ」が首位に返り咲き  「ゼウス」は2位に後退

  5. 投信の勢力図に変化 「国内株式型」が11年ぶり残高トップ10に

  6. 「ひふみプラス」の残高、5000億円を突破 初のトップ10入り

  7. 投信残高、1兆円超のファンドがゼロに 毎月分配型から資金流出

  8. 日興アセット「グローバル・ロボティクス」、純資産総額がトップ10入り

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP