「ひふみプラス」、残高4000億円超す 来年から三菱UFJ銀でも販売

レオス・キャピタルワークスが運用する「ひふみプラス」(9C311125)の純資産総額(残高)が4000億円を突破した。11日時点の残高は4020億円。10月3日に3000億円を超えており、およそ2カ月で1000億円を積み増した。

昨年末時点の残高が857億円だった同ファンドはこの1年で急成長した。11月末時点の1年リターンは43.68%と運用成績も好調だ。

販売会社は現時点で銀行、証券を合わせて51社。来年1月には積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)専用商品として三菱東京UFJ銀行と、おかやま信用金庫でも取り扱いが始まる。着実な販路拡大で今後も個人マネーを引き寄せそうだ。

<「ひふみプラス」の組入比率上位10銘柄>
①東京センチュリー(8439)        1.7%
②共立メンテナンス(9616)    1.7%
③あい ホールディングス (3076)  1.5%
④日本電産 (6594)      1.5%
⑤クレハ(4023)                  1.5%
⑥コスモス薬品(3349)           1.5%
⑦マイクロソフト(@MSFT/U)     1.5%
⑧アマノ(6436)        1.5%
⑨ルネサスエレクトロニクス(6723)        1.5%
⑩ネットワンシステムズ(7518)    1.4%

※11月30日時点。月次運用報告書から抜粋


(QUICK資産運用研究所 小松めぐみ)

関連記事

  1. つみたてNISA対象投信に資金流入 インデックスは日経平均型、アクティブはひふみ

  2. 個人が選ぶ投信の共通点は? FOY2017ベスト20を一覧比較

  3. SBI証券、投信積み立てが拡大 月間100億円超、橋本執行役員に聞く

  4. インデックス型投信の断捨離進む? ブラックロックが「i-mizuho」刷新

  5. つみップで「投信あるある」 金融庁が「毎月分配」のカラクリを説明

  6. ツイッターで広がる「投信あるある」 金融庁職員が呼びかけ

  7. 投信、「毎月分配型以外」「インデックス型」が増加 2017年の新規設定

  8. 投信業界の流行語大賞? 「ひふみ」に迫る

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP