投信「選択難しい」「信頼できる情報ない」【個人意識調査(14)】

イデコやNISAを活用する際に、避けられないのが投資信託など運用対象の品定め。「投信選び」に頭を悩ませているのは投資初心者に限らないようだ。

 

■投信選びは「難しい」

投信の購入で困っていることを聞いたところ、「投信を選ぶのが難しい」の答えが最も多かった(添付「図4-9」参照)。「自分に適した投信がわからない」が続き、「分配金など損得の判断が難しい」といった投信特有の仕組みも悩みの種だ。「信頼できる情報がない」との不満もくすぶる。

 

■運用経験、金融知識があっても…

リスク性商品を保有・運用したことがある人ほど「投信を選ぶのが難しい」の回答比率は高い(添付「表4-1」参照)。また、金融知識が豊富な人にとっても投信選びは簡単ではないようだ(添付「表4-2」参照)。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 投信の積立、「国内株式型」「バランス型」が人気 選択は「コスト」重視【個人意識調査(10)】

  2. 投信・ラップ・外貨建て保険 理解してる? 【個人の資産形成に関する意識調査⑫】

  3. 投資のきっかけ、20代「ネット」60代「退職金」 【個人の資産形成に関する意識調査⑪】

  4. 投資商品、重視するポイントは? 【個人の資産形成に関する意識調査⑩】

  5. 資産形成の必要性「感じる」増え49% 【個人の資産形成に関する意識調査⑧】

  6. 投信積み立て、ネット証券での取引多く 【個人の資産形成に関する意識調査⑥】

  7. つみたてNISAの口座開設3.7%どまり 【個人の資産形成に関する意識調査⑤】

  8. 投信保有者、4割強が積み立て投資 【個人の資産形成に関する意識調査④】

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP