金融庁、「顧客本位の業務運営に関する原則」を正式決定

金融庁は30日、「顧客本位の業務運営に関する原則」を正式決定した。金融商品の販売に伴う手数料の明確化や投資家への分かりやすい情報提供など、金融機関が取り組むべき「7原則」をまとめた。金融機関はこの原則に基づいて「顧客本位の業務運営」の実現に向けた具体的な方針を策定し、定期的に公表することが求められる。

金融庁は方針を策定した金融機関の取り組みをまとめ、今年6月末から四半期ごとに公表を始めるとしている。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 投信「半数の個人が損失」の驚き 金融庁の共通指標どう読み解く

  2. 投信販社の評価に共通3指標 金融庁、コストや収益を「見える化」

  3. 金融庁、投信販売に「改善の余地」 QUICK資産運用討論会

  4. コモンズ投信、顧客の97.7%が含み益 独立系は高水準

  5. ネット証券で残高上位の投信、運用効率が高い傾向 共通KPIで比較

  6. SBI証券、投信で顧客の7割超が利益 全売却分含め公表

  7. 投信で含み益、顧客の6割超で ネット証券4社

  8. 松井証券、新ロボアドを開始 投信選びに「QUICKファンドスコア」活用

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP