投資信託の新規設定数が急減、5月は14年ぶり低水準 フィデューシャリー・デューティーが背景

QUICK資産運用研究所が調べたところ、5月に新規設定される国内公募の株式投資信託の本数(推定)は18本と、2003年5月(16本)以来14年ぶりの少なさになった。前月比では12本の減少。顧客に投信の買い替えを促し、販売手数料を稼ぐ「回転売買」を控える動きが金融機関の間で広がり、新規設定本数の減少傾向につながっている。金融庁が金融機関に対してフィデューシャリー・デューティー(顧客本位の業務運営)の実践を求めていることなどが背景にある。

18本はすべて投資家がいつでも購入できる「追加型」だった。募集期間が限定される「単位型」の新規設定がゼロになったのは、2010年11月以来となる。

6月はいまのところ19本(追加型17本、単位型2本)の新規設定が予定されている(QUICK調べ、5月29日時点)。

(調査:QUICK資産運用研究所⇒紹介サイト

関連記事

  1. コモンズ投信、顧客の97.7%が含み益 独立系は高水準

  2. ネット証券で残高上位の投信、運用効率が高い傾向 共通KPIで比較

  3. SBI証券、投信で顧客の7割超が利益 全売却分含め公表

  4. 投信で含み益、顧客の6割超で ネット証券4社

  5. 松井証券、新ロボアドを開始 投信選びに「QUICKファンドスコア」活用

  6. 新生銀、投信サイトを刷新 「QUICKファンドスコア」掲載

  7. 投信「半数の個人が損失」の驚き 金融庁の共通指標どう読み解く

  8. 投信販社の評価に共通3指標 金融庁、コストや収益を「見える化」

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP