オーエスジー(6136) M&A効果等で業績伸長続くとの見方は維持。EV化進展は懸念材料

QUICK企業価値研究所アナリスト 柊宏二(2017/10/18)

・3Q累計は営業3%減益。悪くはないが今一つの印象
企業価値研究所は3Q決算等を踏まえ、17/11期の連結業績予想を若干下方修正する。3Q累計業績は悪くはないが、今一つ盛り上がりを欠いたとみており、その点を勘案した。ただし、会社計画(営業利益195億円)に対しては、引き続き若干の上振れを見込む。売上高は米国以外総じて堅調で、為替も円安傾向にある。増産効果などもあり、4Q業績は回復に向かうとみる。17/11期3Q累計の連結営業利益は前年同期比3%減の140億円だった。M&A効果などで2桁超の増収となったが、M&Aで加わった会社の利益貢献はまだ小さく、韓国の人件費一時金の発生、未実現損益の悪化などが減益要因となった。

・業績続伸見込むが中長期的にEV化進展は懸念材料
来期、再来期はM&A効果等で業績続伸を見込む当研究所の予想を据え置く。会社中期目標(20/11期営業利益300億円)は、以前に比べ達成の道筋が見えてきた印象がある。追加のM&A戦略の巧拙が鍵を握ろう。中長期的にはEV(電気自動車)シフトの動きは同社にとって懸念材料であり、影響を見極めていく必要がある。財務は良好で株主還元は相応に高い水準が続きそうだ。

・リスクファクター ~為替、自動車関連需要の減退等

・アナリストの投資判断 ~現状やや割安感あるとみる。EV化進展等は懸念材料
株価は9月に2600円近くまで上げたが、決算が期待より弱かったこともあってか3Q決算発表後は下落。当研究所の18/11期予想PERは約16倍で、同社の過去3年平均をやや下回る。今後の業績回復の見通し等も踏まえるとやや割安感があり、一定の上値余地があると考える。ただ、期待より弱めの直近決算の内容や、中長期的なEV化進展による負の影響への懸念などが、当面株価の上値抑制要因となる可能性はあるだろう。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)

本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 積水ハウス(1928) 上期は全体として想定内の推移。中期的に増収増益基調を予想

  2. ワークマン(7564) 今期営業3割増益予想へ増額、その後の3年間も年率11%成長見込む

  3. ツムラ(4540) 生薬関連コストの軽減もあり1Qは順調なスタート

  4. 日本マクドナルドホールディングス(2702) 前回から小幅増額、既存店増収をテコに来期にかけ営業2桁増益続こう

  5. 三井物産(8031) 当研究所予想を微修正するが、最終増益は続くと予想

  6. 国際石油開発帝石(1605) イクシスの生産・出荷は順調も軟調な原油価格を懸念

  7. 武田薬品工業(4502) 買収により業容拡大も利益は低水準、事業譲渡等を織り込み予想を修正

  8. ニコン(7731) 1Qは大幅営業減益だが概ね想定通り。通期36%減益予想に変更なし

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP