ユニー・ファミリーマートホールディングス(8028) 本部費削減や統合シナジー進捗により来期事業利益も2桁増を予想

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2019/07/24)

・既存店増収率は「7-11」に対し優勢、「ファミペイ」を武器に「7-11」との日販格差を縮めることができるか注目
 「ファミマ」は8カ月連続既存店増収。タバコを中心とした「PayPay」等導入の追い風に加え、タバコ以外も好調で、増収率は「7-11」に対し優勢。24時間営業問題が浮上するなか、連携緊密化による加盟店オーナーの士気低下回避が奏功した公算も。7月1日にはQRコード決済付きアプリ「ファミペイ」が始動し、「7pay」の躓きを横目に順調な立ち上がり。今後の成長余地を計るうえで重要な競争力を見極めるため、「ファミペイ」と連動した積極販促などを武器に「7-11」との日販格差を縮めることができるか要注目。10月からの「消費者還元事業」も商機となる見通し。

・今期は転換・直営店削減効果もあり実質28%増益へ
 連結事業利益の企業価値研究所予想は業績表の通り。IFRS16号適用による押し上げ36億円を織り込んだほか、人員減、業務内製化など本部費削減が進むとみて、来期以降は実質ベースでも増額。今期は加盟店支援、集中投資などに係るコスト増をブランド転換、直営店削減の効果、統合シナジー、転換コスト一巡、本部費削減で吸収し実質28%増益へ。来期も本部費削減や統合シナジーの進捗などにより2桁増を予想。ROE10%以上を目指した「中計」の仕切り直しに向け、「ファミペイ」を活用した小口ファイナンスや「ラストワンマイル」需要(取り置き宅配など)取り込みなど、新たな打ち手に期待したい。

・リスクファクター ~コンビニモデルの大幅見直しなど

・アナリストの投資判断 ~株価は尚も割高感、回復には長期的成長シナリオが必要との見方継続
 株価は昨年11月の上場来高値から半値近くまで下落したが、来期PER25倍(当研究所予想)と、尚も割高感がある。株価回復には統合シナジーに続く長期的成長シナリオを描ける新たな打ち手が必要との見方を据え置く。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. ユニー・ファミリーマートホールディングス(8028) 今回の事業再編でコンビニ改革や成長戦略に経営資源を集中できる点を評価

  2. ユニー・ファミリーマートホールディングス(8028) 事業利益予想を増額、コンビニ直営店閉鎖によるコスト削減が想定以上

  3. ユニー・ファミリーマートホールディングス(8028) 「ドンキ」転換が総合小売立て直しの糸口に、コンビニ転換と合わせ利益回復見込む

  4. 積水ハウス(1928) 上期は全体として想定内の推移。中期的に増収増益基調を予想

  5. ワークマン(7564) 今期営業3割増益予想へ増額、その後の3年間も年率11%成長見込む

  6. ツムラ(4540) 生薬関連コストの軽減もあり1Qは順調なスタート

  7. 日本マクドナルドホールディングス(2702) 前回から小幅増額、既存店増収をテコに来期にかけ営業2桁増益続こう

  8. 三井物産(8031) 当研究所予想を微修正するが、最終増益は続くと予想

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP