株主優待4月 財務や利回りで絞り込んだ3銘柄は

QUICKで4月末に株主優待の権利確定のある銘柄を集計したところ、32銘柄となった。東証業種分類でみると、小売業(9銘柄)が最も多く、次いでサービス業(6銘柄)、卸売業(3銘柄)、情報・通信業(3銘柄)、食料品(3銘柄)と続く。

*株主優待のお役立ち情報を集約したサイト「優待生活」を試験公開中

優待生活

株主優待を受けるのに一定の保有期間が必要となっている銘柄は、ビューティガレージ(3180)、グッドコムアセット(3475)、フジ・コーポレーション(7605)、ファースト住建(8917)だ。

ちなみに、財務状況が健全で配当原資になる利益剰余金の水準が総資本に対して40%を超えるなど、条件を設定してスクリーニングしたところ、以下の3銘柄が該当した。

関連記事

  1. 味の素(2802)プレミアム企画も人気、主力商品で投資家つかむ!【株主優待戦略を聞く】

  2. C&FロジHD(9099)後を引くおいしさを届けたい!【株主優待戦略を聞く】

  3. 仙波糖化(2916)手作りのIR・SR、優待で会社の味を!【株主優待戦略を聞く】

  4. 京急(9006)東京の玄関口に重点、安定と成長に発車オーライ!【株主優待戦略を聞く】

  5. ベネッセHD(9783)「しんけん」に「ちゃれんじ」ファンづくり!【株主優待戦略を聞く】

  6. 株主優待でSDGs推進に一役、日証協が基金【株主優待戦略を聞く】

  7. セーレン(3569)自慢の商品 買って、使って、良さを実感!【株主優待戦略を聞く】

  8. 萩原工業(7856)丈夫で長持ち、身近な素材を知ってほしい!【株主優待戦略を聞く】

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP