パナソニック(6752) 中国市場悪化の影響が多岐にわたる。業績予想を下方修正

QUICK企業価値研究所アナリスト 谷林正行(2019/03/04)

・一過性の利益一巡で来期は2桁営業減益へ
 企業価値研究所は19/3期通期の連結予想営業利益を4280億円→3800億円(前期比微減)に下方修正した。家電やFA関連など中国市場悪化の影響を厳しくみた。4Qに年金制度改定による多額の利益を見込んだが、実質ベースの減額が上回ることになる。来期以降も下方修正。来期は一過性の利益が一巡することを前提に2桁営業減益となる見通し。

・来期から始まる新中計に注目
 今期の多額の一過性の利益計上には、今期が最終年度の中期経営計画で目標値としている純利益2500億円以上を達成したいという意向も含まれていると考えられる。来期以降は新たな中計が始まる。その内容によっては来期以降の業績を考える前提が変わってくるため、注意深くみていきたい。

・19/3期3Q累計は営業8%減益
 19/3期3Q累計の連結営業利益は2928億円(前年同期比8%減)となった。1Qに土地売却益を計上したが、家電など事業における減益幅が上回った。

・リスクファクター ~為替、素材価格、カントリーリスクなど

・アナリストの投資判断 ~中国関連の不透明感、来期の営業減益見通しで当面の株価をやや弱気にみる
 当研究所では当面の株価について、やや弱気にみている。中国関連で業績予想が下方修正となった同社の株価は、先行き不透明感から当面軟調な推移が見込まれる。また今期の業績見通しには多額の一過性の利益が含まれており、これがなくなることを前提とすれば来期の営業利益は減益となる公算が大きい。実質ベースで回復に向かうとしても、表面上の減益見通しが嫌気される可能性も考えられる。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. パナソニック(6752) 18/3期の営業利益は事前予想を超過。今後も増益トレンドが続く見通し

  2. 第一三共(4568) 1Qは大幅増益スタートだが、研究開発計画の不透明などから予想据え置き

  3. 大塚商会(4768) 消費増税、「Windows7」のサポート終了控えパソコン販売好調。今期20%営業増益予想

  4. 三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306) 債券収益が伸長。いくつかの要因も重なり今期利益の出足は強含み

  5. オリエンタルランド(4661) 来春の「TDL」エリア刷新、23/3期の「TDS」拡張などをテコに利益成長を予想

  6. 任天堂(7974) 「Switch Lite」投入で『ポケモンSS』『あつ森』による子供・女性層開拓の確度増す

  7. 東海旅客鉄道(9022) 1Qの好調で今期予想を増額も、輸送需要の伸び悩みリスクを勘案し来期予想は減額

  8. 村田製作所(6981) 1Qは従来予想をやや上回ったが、従来予想を据え置き

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP