大塚商会(4768) 今夏の営業体制の抜本見直し効果等を考慮し営業利益予想を増額

QUICK企業価値研究所アナリスト 山藤秀明(2018/11/02)

・継続的な顧客積み上げ等で最高益更新続く見込み
 企業価値研究所は今18/12期の営業利益予想を前期比6%増の471億円へと4億円増額した。今夏の営業体制の抜本見直しにより、直近の3Q(7~9月の3カ月間)の増益率が高まったうえ、企業の情報化投資が引き続き積極的なことを考慮した。なお、3Qの営業利益は前年同期比8%増だった。販売するオフィス用品の仕入原価上昇はあるものの、最高益更新を見込む。
 来期以降の営業利益予想も増額した。最高益更新が続く見込み。同社は顧客業種が多岐にわたり、また大企業から中堅、中小企業まで多くの顧客を有している。そのため業績は特定の業種や顧客の影響を受け難い。システム保守やオフィス用品販売などの事業では顧客数を積み上げ着実に業績を伸ばす特性もある。景気は堅調に推移することを前提にすれば業績拡大が続くとみている。

・株主還元強化も余剰資金増加。一段の株主還元期待
 増配による株主還元を強めているが、余剰資金は積み上がっている。一段の株主還元の強化を期待したい。

・リスクファクター ~景気回復腰折れ

・アナリストの投資判断 ~基本は長期投資との考えを継続
 株価は今年3月末の5450円をピークに1Q、上期の両決算発表のたびに急落した。足元の株価指標は過去5年平均と同水準。今期3Q累計決算で営業体制の見直し効果も確認されたことから、更なる株価下落余地は限定的であろう。当研究所ではこれまでの、「基本的に長期保有対象として考えたい」との見解を継続する。幅広い顧客層への情報システム構築、システム保守やオフィス用品販売のストック型のビジネスモデルが着実な業績拡大をもたらしている。今後も業績拡大に連動し、増配そして株価の上昇が期待できる。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 大塚商会(4768) 営業利益予想減額も業績拡大続くとの見方は変わらず

  2. 大塚商会(4768) 企業の情報化投資旺盛。最高益更新続くとの予想据え置き

  3. 武田薬品工業(4502) 今期減益予想から増益予想に修正。シャイアー社買収を承認

  4. 三越伊勢丹ホールディングス(3099) 赤字店閉鎖など構造改革が進む一方、早期退職による人件費削減効果を減額

  5. 三井不動産(8801) 上期実績は想定内で順調に進捗。中期的には増収増益基調を見込む

  6. 伊藤忠商事(8001) 19/3期上期は純利益で過去最高益を更新。堅調な業績続く見通し

  7. 三井住友フィナンシャルグループ(8316) 業績進捗、出資戦略の強化等踏まえ当研究所の利益予想を増額

  8. ブリヂストン(5108) 今期は小幅営業減益見通しに減額も、来期以降は利益復調を予想

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP