川崎重工業(7012) 会社側は今期計画を営業18%増益へ下方修正

QUICK企業価値研究所アナリスト 谷林正行(2018/10/24)

・車両事業の損失などを織り込む
 会社側は10月19日に19/3期通期の連結業績計画を下方修正した。営業利益は750億円→660億円(前期比18%増)。車両事業の損失計上などで引き下げた。経常利益は700億円→495億円(同15%増)。航空エンジン「Trent1000」に関する営業外費用を織り込んだ。

・当研究所の今期予想は暫定的に新たな会社計画値へ
 企業価値研究所の19/3期連結予想は暫定的に新たな会社計画と同額に修正した。来期以降の予想は据え置き。10月30日に発表が予定されている2Q決算の内容などを吟味したうえで改めて見直したい。

・19/3期1Qは営業45%増益
 19/3期1Qの連結営業利益は71億円(前年同期比45%増)だった。エネルギー・環境プラント、船舶海洋が前年同期の赤字から黒字に回復したことなどにより、連結全体で比較的大幅な増益。

・リスクファクター ~カントリーリスク、為替レートの変動、各種規制、賠償請求の協議の動向など

・アナリストの投資判断 ~資材費高騰などコストコントロールの難しさを考慮し、当面の株価を慎重にみる
 当研究所では当面の株価について、やや厳しくみている。従来の見方では、1Qの決算発表で海外LNG建設工事における賠償請求のリスクが明らかになったことから慎重にみていたが、今回明らかとなった損失計上はこれとは異なるリスクが顕在化したもの。特に車両については、前期に多額の損失を計上した米国ロングアイランド鉄道向けの案件で追加の損失を計上したことで同案件の立て直しが順調ではないことが明らかとなった。採算悪化には資材費の増加なども含まれており、コストコントロールが難しくなっている。このため、当面は慎重にみたい。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 川崎重工業(7012) 車両事業で損失を計上。18/3期の最終利益は減益へ

  2. 武田薬品工業(4502) 今期減益予想から増益予想に修正。シャイアー社買収を承認

  3. 三越伊勢丹ホールディングス(3099) 赤字店閉鎖など構造改革が進む一方、早期退職による人件費削減効果を減額

  4. 三井不動産(8801) 上期実績は想定内で順調に進捗。中期的には増収増益基調を見込む

  5. 伊藤忠商事(8001) 19/3期上期は純利益で過去最高益を更新。堅調な業績続く見通し

  6. 三井住友フィナンシャルグループ(8316) 業績進捗、出資戦略の強化等踏まえ当研究所の利益予想を増額

  7. ブリヂストン(5108) 今期は小幅営業減益見通しに減額も、来期以降は利益復調を予想

  8. TOTO(5332) 上期実績や足元の状況などを踏まえ、19/3期通期予想を減額修正

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP