ピジョン(7956) 中国事業が業績を牽引。インバウンド需要も背景に業績成長が続こう

QUICK企業価値研究所アナリスト 柊宏二(2018/10/09)

・中国や国内で販売が好調。アジア、北米でも成長
 企業価値研究所は業績予想銘柄として同社のカバーを開始する。同社は主力の哺乳器・乳首、各種スキンケア商品などの販売を国内外で拡大し、業績を伸ばしている。現状業績の牽引役は中国事業。収益性の高いディズニーの商品群に加え、高いブランド力も背景に自社製品の販売も好調。ECチャネルでの販売拡大なども背景に、中国事業は当面業績を牽引する見通し。国内販売もインバウンド需要が強く好調。アジアのシンガポール事業、北米中心のランシノ事業の成長も続く。子育て支援事業やヘルスケア・介護事業の緩やかな成長もあり、同社全体の業績は当面比較的高い成長が続くと予想する。

・今期会社業績計画には上振れ余地。当面業績続伸へ
 19/1期上期は営業17%増益。会社は期初の通期計画(営業5%増益)を据え置いたが、上振れ余地があるとみる。当研究所では業績の成長が続くとみており、決算期変更で期間が短くなる19/12期も19/1期をやや上回る業績を予想。20/12期も業績続伸を見込む。財務は改善傾向。配当性向は高めだが予想配当利回りは低め。

・リスクファクター ~為替、中国の出生数等

・アナリストの投資判断 ~大幅に上昇したが当面堅調さを保つと予想
 株価は8月後半から大幅に上昇。直近で上場来高値6650円を付けた。現状当研究所の19/1期予想に基づくPERは46倍程度。同社の過去の平均や、同業他社比で高い。株価は短期間に急ピッチで上昇したため、一旦は調整する可能性があるとみる。ただし、今期会社計画の上振れ期待や、中期的に成長確度が高い利益・配当の見通しなどは、株価の下支え要因となろう。株価は当面堅調さを保つとみている。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 安川電機(6506) 業績は依然底堅いものの回復の勢いが削がれた感は否めず

  2. 不二越(6474) 油圧機器等は好調もロボットが減速。材料等のコスト増も重荷

  3. 伊藤忠商事(8001) 会社側が19/3期通期の純利益見通しと配当予想を上方修正

  4. フジクラ(5803) エネルギー・情報通信などの不振で、当研究所予想を下方修正

  5. 日本オラクル(4716) 注力するクラウドサービス好調。企業の情報化投資も積極的で業績予想を増額

  6. 関西電力(9503) 今期の販売電力量は増加に転じる見通し。年間配当50円への増配を発表

  7. ヤマトホールディングス(9064) 引越料金の過大請求の影響はあるが、宅急便の好調もあり、営業利益予想を小幅増額

  8. 日本マクドナルドホールディングス(2702) 20/12期にかけて年率15%の営業利益成長を予想

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP