ニコン(7731) ミラーレスカメラへの本格参入を発表。映像を中心に連結営業利益を上方修正

QUICK企業価値研究所アナリスト 谷林正行(2018/08/31)

・来期も高水準の利益が続く見通し
 企業価値研究所の19/3期通期の予想連結営業利益は、700億円→760億円(前期比35%増)に引き上げた。高付加価値製品へのシフトなどによりデジタルカメラを手掛ける映像の1Qの利益が大幅に増加したことなどにより見直した。ミラーレスカメラへの本格参入により来期以降の映像も強気にみた。FPD(フラットパネルディスプレイ)露光装置の先行き不透明感が強まっているが、来期も高水準の利益を維持すると想定した。

・高級機でミラーレスカメラへ再参入
 同社は以前に小型イメージセンサーのミラーレスカメラ「Nikon1」を発売したが、この8月23日にフルサイズの大型センサーを使用した「Z7」、「Z6」を発表した。自社の一眼レフとの競合を恐れず、これらに続く製品を積極的に開発し、投入していけるか、今後の展開をみていきたい。

・1Qは映像が牽引し営業53%増益
 19/3期1Qの連結営業利益は190億円(前年同期比53%増)となった。映像の大幅増益が連結全体を牽引した。

・リスクファクター ~半導体・FPD市場への依存度の高さ、過当競争、為替など

・アナリストの投資判断 ~ミラーレスカメラへの本格参入はポジティブ。当面の株価をやや強気にみる
 当研究所では、当面の株価はやや強気にみている。会社側の利益計画上方修正に加え、新型ミラーレスカメラの「Z7」、「Z6」が高級機志向であったことをポジティブにみたため。最近のデジタルカメラメーカー各社の動向をみると、高付加価値製品へのシフトが進んでいる企業の業績(利益)が良くなっている。今後の実際の販売動向を注視していく必要があるが、現時点ではポジティブに評価できる製品であると評価している。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 関西電力(9503) 今期の販売電力量は増加に転じる見通し。年間配当50円への増配を発表

  2. ヤマトホールディングス(9064) 引越料金の過大請求の影響はあるが、宅急便の好調もあり、営業利益予想を小幅増額

  3. 日本マクドナルドホールディングス(2702) 20/12期にかけて年率15%の営業利益成長を予想

  4. ワークマン(7564) 客層拡大や新業態展開を受け、今後5年で年率9%の営業利益成長を予想

  5. 住友ゴム工業(5110) 中近東の販売不振、石油系の原材料価格上昇を踏まえ予想減額

  6. 三越伊勢丹ホールディングス(3099) 構造改革、基幹店改装などにより営業利益回復進むとの見方変えず

  7. メディパルホールディングス(7459) 1Qの業績好調だが、妥結率は低水準。営業減益見込む予想据え置き

  8. 伊藤忠商事(8001) 19/3期1Qも安定的な収益力を発揮。当研究所予想を小幅増額

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP