エヌ・ティ・ティ・データ(9613) 親会社のNTTがグループ再編を発表。同社への影響は小さいとみる

QUICK企業価値研究所アナリスト 前田俊明(2018/08/17)

・新規領域への先行投資は増加する見込み
 同社の親会社NTTはグローバル持株会社を創設すると発表(8月7日)。この傘下に同社やNTTコミュニケーションズなど5社を移管した上で、来年夏を目処に同社を除く4社グループの事業を海外と国内別に統合することを検討する。同社については、現在の経営形態のままグループ各社と連携、上場も維持されることから、企業価値研究所では、同社の事業運営への影響は小さいとみている。
 当研究所は前期比15%営業増益の19/3期予想を据え置く。不採算案件の減少を見込むことに加え、16年11月に買収した北米子会社のPMI(Post Merger Integration:買収後の統合作業)関連費用がかさんでいたが、前期でピークを越えたことから関連費用が減少する見込み。一方、将来の成長に向け新規領域への投資を積み増すことから、研究開発費を中心とした先行費用の増加を織り込んでいる。

・20/3期も営業増益が続く見通し
 翌20/3期は将来の成長に向け新規領域への投資が一段と増加すると想定、研究開発費を中心とした先行費用の増加を見込むが、PMIに絡んだ関連費用がなくなる見込み。北米拠点の採算改善などもあり営業増益が続く見通し。

・リスクファクター ~不採算案件、のれんの減損

・アナリストの投資判断 ~割安感あり上値余地
 当研究所は親会社による事業再編の同社への影響は軽微とみており、買収を重ねながら海外展開で同業他社に先行する同社への評価に変更はない。当研究所の予想に基づくPERは19/3期21倍、20/3期19倍。株価水準に加え、海外事業の成長期待なども勘案し、上値余地があるとみている。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. ヤマトホールディングス(9064) 引越料金の過大請求の影響はあるが、宅急便の好調もあり、営業利益予想を小幅増額

  2. 日本マクドナルドホールディングス(2702) 20/12期にかけて年率15%の営業利益成長を予想

  3. ワークマン(7564) 客層拡大や新業態展開を受け、今後5年で年率9%の営業利益成長を予想

  4. 住友ゴム工業(5110) 中近東の販売不振、石油系の原材料価格上昇を踏まえ予想減額

  5. 三越伊勢丹ホールディングス(3099) 構造改革、基幹店改装などにより営業利益回復進むとの見方変えず

  6. メディパルホールディングス(7459) 1Qの業績好調だが、妥結率は低水準。営業減益見込む予想据え置き

  7. 伊藤忠商事(8001) 19/3期1Qも安定的な収益力を発揮。当研究所予想を小幅増額

  8. ニコン(7731) ミラーレスカメラへの本格参入を発表。映像を中心に連結営業利益を上方修正

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP