任天堂(7974) 3Qの大型3作を起爆剤に「Switch」ハード販売が再加速へ

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2018/08/15)

・新しいゲーム体験提案でライト層取り込みが進めば「Wii」を超える持続的成長も
 株式市場では「Switch」の成長シナリオに懐疑的な見方が広がったが、ソフト販売の好調など「Switch」ビジネスは既存ユーザー中心に依然活況。サードパーティのミリオンヒット(新規IP)誕生で支援体制も強まろう。自社ソフトでは3Qに発売する『マリオパーティ』『ポケモン』『スマブラ』各シリーズの最新作がハード拡大の起爆剤に。現在、踊り場局面にあるハード販売も3Q以降、再加速し、21/3期にかけて年2000万台以上が続く見込み。さらに、「Joy-Con」の機能活用などによる新しいゲーム体験提案でライト層・ファミリー層の取り込みが進めば、「Wii」が達成した累計1億台をも超える持続的成長につながる公算も。

・デジタル流通への構造変化も追い風に
 企業価値研究所は「Switch」のハード販売台数想定を引き下げる一方、ソフト販売本数を上方修正。デジタル流通への構造変化加速も追い風となるため、連結営業利益予想(業績表参照)は前回から微調整にとどめた。21/3期にかけて「Switch」ソフト、特に利益率の高いデジタル販売の拡大が利益成長を牽引しよう。9月からは「Switch」の有料オンラインサービスもスタートし、利益を押し上げる見通し。

・リスクファクター ~「Switch」市場冷え込み、ユーロ安

・アナリストの投資判断 ~株価上昇余地は依然大きいとみるが、当面は上昇への起爆剤に欠ける
 当研究所は「Switch」に対する強気の見方を崩しておらず、株価上昇余地は依然大きいと考えるが、10月までは株価上昇への起爆剤に欠ける。前回は「DS」「Wii」全盛期の08年以来となる5万円台乗せを視野に入れていたが、ハード販売台数の想定見直しや足元のユーロ安を勘案し、株価の目線を4万円台後半に引き下げる。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 任天堂(7974) 「Switch」の普及やデジタル化をテコに利益成長が続く見込み

  2. 任天堂(7974) 「Joy-Con」活用などによる新たな遊び方提案で「Switch」の更なる躍進も

  3. 関西電力(9503) 今期の販売電力量は増加に転じる見通し。年間配当50円への増配を発表

  4. ヤマトホールディングス(9064) 引越料金の過大請求の影響はあるが、宅急便の好調もあり、営業利益予想を小幅増額

  5. 日本マクドナルドホールディングス(2702) 20/12期にかけて年率15%の営業利益成長を予想

  6. ワークマン(7564) 客層拡大や新業態展開を受け、今後5年で年率9%の営業利益成長を予想

  7. 住友ゴム工業(5110) 中近東の販売不振、石油系の原材料価格上昇を踏まえ予想減額

  8. 三越伊勢丹ホールディングス(3099) 構造改革、基幹店改装などにより営業利益回復進むとの見方変えず

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP