太陽誘電(6976) コンデンサが好調を持続、当研究所では19%営業増益を予想

QUICK企業価値研究所アナリスト 豊田博幸(2018/05/29)

・コンデンサのBBレシオは9四半期連続の1倍超
 18/3期4Qの連結売上高は5四半期連続で増収。主力のコンデンサの増収が大きく貢献。北米大手スマートフォンメーカーのハイエンド製品向けが減少したが、自動車向けや産業機器向けを中心に伸長したことが背景。先行きの趨勢を示すとされるBBレシオ(受注÷売上高)をみると、9四半期連続の1倍超。受注残も過去最高となった。円高が懸念されるが、コンデンサの好調を見込み、企業価値研究所による19/3期の連結業績予想は、売上高が2565億円→2625億円(前期比8%増)、営業利益は225億円→240億円(同19%増)に増額する。為替前提は1ドル=113円→107円と円高に見直した。為替レート1円の変動が営業利益に与える影響(年間)は10億円を想定。

・18/3期通期は6%増収、63%営業増益
 18/3期通期の連結売上高は前期比5.8%増の2441億円。通信デバイスが不振だったものの、円安や、主力であるコンデンサの伸長が貢献した。販売価格の下落があったものの、数量増効果に加え、原価低減などに努め、営業利益は同63.3%増の202億円になった。

・リスクファクター ~最終製品の価格下落

・アナリストの投資判断 ~利益拡大を映し、株価は上昇基調継続を予想
 当研究所による19/3期の連結業績予想は、前期比8%増収、同19%営業増益と、2期連続の増収、営業増益を見込む。中期的には自動車向けや産業機器向けを中心に幅広い用途での部品需要拡大が見込まれるほか、成長期待の大きい触覚デバイスや全固体電池などの有望製品も寄与することになろう。足元の株価は急速に上昇した。短期的には調整もあろうが、今後の利益拡大を評価し、上昇基調が続くと予想する。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 東京急行電鉄(9005) 渋谷ストリームの開業経費の計上などで今期は7%営業減益を予想

  2. 三越伊勢丹ホールディングス(3099) 構造改革、日本橋・新宿改装、五輪効果で21/3期営業利益400億円見込む

  3. 中部電力(9502) コスト削減の進展により今期も経常増益へ

  4. 日本マクドナルドホールディングス(2702) 既存店売上高の伸びに陰りなし、今期営業実質35%増益見通しに増額

  5. 伊藤忠商事(8001) 19/3期は18%の最終増益を予想。着実な増益続く見通し

  6. 清水建設(1803) 19/3期は完工高の増加などで連結営業1割増益を予想

  7. 富士フイルムホールディングス(4901) ゼロックス社との経営統合を想定から外すが今期以降は営業増益が続く見通し

  8. みずほフィナンシャルグループ(8411) 最終利益は底堅い推移が続くとみる。今期会社計画はやや高い印象

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP