国際石油開発帝石(1605)今期利益予想を上方修正。来期以降は業績拡大との見方変わらず

QUICK企業価値研究所アナリスト 佐久間聰(2017/9/6) ・当研究所の今期純利益予想は470億円→530億円 企業価値研究所では、今18/3期通期の連結純利益は前期比15%増の530億円を予想。前回予想(470億円)から上方修正する。生産数量の見通しを変えていないものの、ブレント原油価格・為替の前提を見直したことを主因に売上高を増額。その効果に加え、探鉱関連費用や減価償却費など費用が前回の予想より減少することも考慮した。イクシスLNGプロジェクトの生産開始時期については、前回予想と同様、今18/3期中を想定している。 会社側は今期の純利益の予想を期初時点の470億円→520億円へ増額した。当研究所では、今期2Q以降の前提について、ブレント原油価格は1バレル=50ドル、為替は1ドル=113円と会社側の予想の前提(ブレント原油価格50ドル、為替110円)に比べ、円安を想定。このため、当研究所の修正後予想では、円安による売り上げの増加の効果を考慮し、会社側の修正後予想に対して強めを見込む。 ・19/3期の純利益は34%増、20/3期は42%増を予想 19/3期の純利益は前期比34%増の710億円、20/3期は同42%増の1010億円を予想。為替の円安を想定し、前回予想(19/3期700億円、20/3期1000億円)からそれぞれ増額した。前期比では、イクシスなどの寄与で生産数量が拡大するとみており、19/3期、20/3期と大幅増益が続く見込み。 ・リスクファクター ~原油と為替、開発動向など ・アナリストの投資判断 ~株価は引き続き横ばい圏で推移へ。イクシスの動向が焦点 直近の株価での今期予想PERは29倍と株式上場来で依然、割高な水準。逆に、実績PBRは0.5倍台と簿価水準を下回っており、こちらは株式上場来で低位にある。当研究所では、今期予想PERは割高感がある半面、実績PBRには割安感があることから、引き続き株価は横ばい圏で推移するとみている。今期中に生産開始を予定しているイクシスの動向が焦点。   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

9/6の配信レポート一覧:国際石油開発帝石(1605)、ツムラ(4540)、セガサミーホールディングス(6460)、他

【IPO】 3966 ユーザベース IPOフォロー 「両事業とも順調で上期は営業利益倍増、通期計画据え置き」 6533 Orchestra Holdings IPOフォロー 「上期業績は順調、通期の19%営業増益計画を据え置き」 6550 Fringe81 IPOフォロー 「季節性から1Qは営業赤字となったが計画比で堅調 」 【企業調査】 1605 国際石油開発帝石 企業調査 「今期利益予想を上方修正。来期以降は業績拡大との見方変わらず」 4540 ツムラ 企業調査 「1Q低調なスタートだが想定通り、業績回復見込む予想据え置き」 6460 セガサミーホールディングス 企業調査 「来年2月からの遊技機規制強化を受け来期営業利益予想を減額」 9005 東京急行電鉄 企業調査 「1Qは鉄道の利用が増え想定線。今期6%営業増益を見込む当研究所業績予想を維持」 【会社概要】 2183 リニカル 会社概要 「1Qは先行的費用の増加で増収・減益、増収・増益を見込む通期計画据え置き」 2264 森永乳業 会社概要 「販促費効率化や売上構成比改善などで1Qは11%営業増益」 3902 メディカル・データ・ビジョン 会社概要 「上期は計画通り進捗、26%営業増益を見込む通期計画据え置き」 4574 大幸薬品 会社概要 「1Qは医薬品・感染管理事業とも大幅増収、損益も改善。通期計画据え置き」   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

ヤマハ発(7272)新興国二輪車好調で当研究所予想を増額。過去最高益更新へ

QUICK企業価値研究所アナリスト 小西慶祐(2017/9/5) ・会社修正計画を上回る今期29%営業増益予想へ増額 会社側は上期決算発表時(8月8日)に、17/12期通期の連結営業利益計画を、1200億円→1350億円(前期比24%増)へ上方修正した。過去最高益を更新する見通し。上方修正の主因は、新興国二輪車部門において、プラットフォーム戦略でコスト削減した新型車の販売が好調なため。企業価値研究所では、もともと強めにみていた営業利益予想を、1300億円→1400億円(同29%増)へ増額する。下期以降の為替レートの前提を1ドル=110円→113円、1ユーロ=118円→128円へと円安方向に見直したほか、会社修正計画と同様に、新興国二輪車の収益力向上を評価した。前期比較では、特機事業でROV(レクリエーショナル・オフハイウェイ・ビークル)の減産実施の影響はあるが、3割近くの営業増益が達成可能とみている。 ・新興国二輪車が引き続き牽引役に。ROVも黒字化へ 18/12期以降の営業利益予想も増額。利益の拡大局面が続く見通し。新興国二輪車が、ベトナムやフィリピンの市場拡大などから引き続き全体を牽引するとみる。減産を実施中のROVも、販売店在庫の正常化、ラインナップ拡充などから販売復調を予想。マリン事業も、米国での船外機の大型化などから、堅調に推移する見通し。 ・リスクファクター ~為替や欧米の景気動向など ・アナリストの投資判断 ~新興国二輪車の収益力向上を映し緩やかに株価は上昇へ 直近の株価に基づく18/12期の当研究所予想PERは10倍。同社の過去48カ月の平均PER12倍との比較では、割安感がある。今後の株価は、業績に多大な影響を及ぼす為替動向には注意を要するが、新興国二輪車を牽引役とした利益成長を映し、緩やかな上昇基調をたどると予想する。   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

9/5の配信レポート一覧:DOWAホールディングス(5714)、ユニオンツール(6278)、ヤマハ発動機(7272)、他

【セクター】 trus 米国自動車販売 セクター 「米国自動車販売統計(17 年8 月)」 【IPO】 3556 リネットジャパングループ IPOフォロー 「買取価格の読み間違い等から3Q赤字転落、通期計画を減額修正」 【企業調査】 5714 DOWAホールディングス 企業調査 「為替、非鉄金属価格の前提を見直し、当研究所予想を上方修正」 6278 ユニオンツール 企業調査 「スマホ関連は波があるが、車載、通信関連等中心に需要は堅調に推移」 7272 ヤマハ発動機 企業調査 「新興国二輪車好調で当研究所予想を増額。過去最高益更新へ」 7832 バンダイナムコホールディングス 企業調査 「スマホ等での映像視聴→海外ファン拡大でIP活用の世界的商機に」 9107 川崎汽船 企業調査 「景気回復でコンテナ船の運賃が想定を上回り、今・来期の当研究所経常利益予想を増額」 【会社概要】 2201 森永製菓 会社概要 「1Q業績の好調を受けて通期10%営業増益計画へ上方修正」 2590 ダイドーグループホールディングス 会社概要 「上期は営業5%減益、トルコリラ安で海外飲料の赤字が拡大」 3865 北越紀州製紙 会社概要 「各種コストダウンの効果などで1Qは6%営業増益」 4527 ロート製薬 会社概要 「日本がけん引、1Qは大幅増益スタート、通期計画据え置き」 4587 ペプチドリーム 会社概要 「先行投資等から前期は小幅営業減益。今期営業利益は29億円以上を計画」 7545 西松屋チェーン 会社概要 「春物や夏物の立ち上がり不振で、通期営業1%増益計画に減額」   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

富士フイルム(4901)不正会計の影響は軽微。今後は順調な拡大トレンドへ

QUICK企業価値研究所アナリスト 谷林正行(2017/9/4) ・1Qは順調な滑り出し。増収・営業増益予想に変更なし 企業価値研究所の18/3期通期の連結予想営業利益は1860億円(前期比8%増)を据え置く。アジア通貨の動向など一部不透明要因はあるものの、1Qが2桁増益で順調な滑り出しとなったため変更しなかった。来期以降も据え置く。3セグメントとも増収・営業増益が続く見通し。 ・新中計を発表。株主還元に積極的に取り組む方針 8月30日に会社側は新中期経営計画「VISION2019」を公表した。最終年度20/3期の目標値は営業利益2300億円など。前回の中計と比べて目標への増益額は小さくなっているが、3年間の株主還元の目標額は増額。1株当たりの年間配当金は10期連続で増配したいとしている。 ・1Qは一過性の費用が発生したが営業21%増益 18/3期1Qの連結営業利益は358億円(前年同期比21%増)となった。事務機械などのドキュメントソリューションで不具合による一過性の費用が発生したが、これをカバーして比較的大幅な増益となった。 ・リスクファクター ~為替、競合企業との競争激化など ・アナリストの投資判断 ~不正会計の影響は終結。今後は積極的な株主還元策が注目されよう 当研究所では今後の株価について、やや強気にみている。懸念材料であった不正会計の影響について、過去の実績は過年度の有価証券報告書の訂正が終了し、足元の事業展開への影響については1Q実績で大きなマイナス要因がみられなかった。これにより終結したとみて良いだろう。今後の見通しについては、新中計では業績面のサプライズはなかったものの、株主還元に積極的に取り組む方針が打ち出されたことはポジティブな要因であり、当面の値動きは堅調に推移するものとみた。   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

9/4の配信レポート一覧:双日(2768)、富士フイルムホールディングス(4901)、DMG森精機(6141)、他

【セクター】 rdpt 小売・百貨店 セクター 「百貨店 17年8月の販売動向」 trjp 国内自動車販売 セクター 「国内自動車販売統計(17年8月)」 【企業調査】 2768 双日 企業調査 「18/3期1Q業績は好調な滑り出し。当研究所予想を上方修正」 4901 富士フイルムホールディングス 企業調査 「不正会計の影響は軽微。今後は順調な拡大トレンドへ」 6141 DMG森精機 企業調査 「欧州を始め全般的に受注回復に勢い。ユーロ高円安のメリットも」 7251 ケーヒン 企業調査 「当研究所予想を増額。来期は営業利益で過去最高更新を予想」 【会社概要】 3880 大王製紙 会社概要 「通期6%営業増益計画を変えず、紙・板紙では値上げに注力」 4554 富士製薬工業 会社概要 「ブランド薬の寄与で3Q累計は2割超の営業増益。通期計画据え置き」 4666 パーク24 会社概要 「のれん償却費等で3Q累計8%営業減益、通期13%増益計画は変えず」 6197 ソラスト 会社概要 「医療関連受託事業、介護・保育事業ともに順調に推移。通期計画据え置き」 9783 ベネッセホールディングス 会社概要 「子会社TMJ売却に伴い通期連結業績計画を修正」   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

古河電工(5801)情報通信ソリューションが好調持続。当研究所予想を上方修

QUICK企業価値研究所アナリスト 中村宏司(2017/9/1) ・18/3期の営業利益を400億円→470億円に増額 企業価値研究所では18/3期通期の営業利益を400億円→470億円(前期比22%増)と従来予想を上方修正した。為替を円安方向に見直したことに加え、インフラ部門の情報通信ソリューションをはじめ、主要製品の需要が想定以上に好調に推移していることを考慮した。前期比では、情報通信ソリューションの伸長や、各部門の主要製品の販売増により営業増益を予想する。 ・19/3期以降も主要3部門の伸長で増益を予想 19/3期以降の業績予想も上方修正した。インフラ部門の情報通信ソリューションの伸長、電装エレクトロニクス部門の自動車部品・電池の拡販、機能製品部門では半導体製造用テープや銅箔などの販売増により、増益基調が続くと予想する。 ・1Qの営業利益は前年同期比2.2倍 18/3期1Qの営業利益は前年同期比2.2倍の104億円。インフラ部門をはじめ、主要3部門の伸長により、大幅な営業増益となった。 ・リスクファクター ~エレクトロニクス・自動車関連の需要動向など ・アナリストの投資判断 ~好業績は株価に織り込み済み。当面の株価は上値の重い展開が続く 株価は8月に07年10月以来の6000円台を回復し、高値水準にある。株価指標面では、18/3期当研究所予想連結PER15倍と同業他社平均の12倍に比べ割高な水準にある。好調な業績は既に株価に織り込まれており、当面の株価は上値の重い展開が続くと考える。   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

9/1の配信レポート一覧:エーザイ(4523)、古河電気工業(5801)、伊藤忠商事(8001)、他

【セクター】 elec 電機・精密 セクター 「産業エレクトロニクス4社の業績動向と投資判断」 elpt 電子部品 セクター 「電子部品5社の業績動向と投資判断」 treq 自動車統計 セクター 「自動車生産・輸出統計(17年7月)」 【企業調査】 4523 エーザイ 企業調査 「グローバルブランド順調、当面は600億円程度の営業利益水準を予想」 5801 古河電気工業 企業調査 「情報通信ソリューションが好調持続。当研究所予想を上方修正」 8001 伊藤忠商事 企業調査 「幅広い分野が好調に推移し、1Qは48%最終増益。当研究所予想を増額」 9502 中部電力 企業調査 「経常利益は増益基調の予想を維持する」 9104 商船三井 企業調査 「為替差益の減少などで今期は小幅経常減益を予想。コンテナ船統合効果で来期は増益へ」 【会社概要】 2899 永谷園ホールディングス 会社概要 「英社子会社化後の一時的な費用等で1Qは33%営業減益」 4516 日本新薬 会社概要 「新製品の伸長等から1Qは2桁営業増益、通期計画据え置き」 4541 日医工 会社概要 「国内低調も米社の寄与で1Qは増収・営業増益、通期計画据え置き」 4578 大塚ホールディングス 会社概要 「減損計上等から上期は大幅営業減益、増益を見込む通期計画据え置き」   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP