円急伸、一時106円台 日経平均VI(145)と連動

14日の東京外国為替市場で円の対ドル相場が正午すぎに急伸。一時1ドル=106円台後半と2016年11月以来、1年3カ月ぶりの円高・ドル安水準を付けた。

ドル円の106円台突入に合わせ、日経平均ボラティリティ―・インデックス(VI、145)も33に乗せた。その後、ドル円が107円台に戻す場面では、日経平均VIも31近辺まで低下するなど、連動する動きになっている。

ドル円相場が、2017年9月8日につけた17年の円最高値(107円32銭)をあっさりと突破したため、「個人投資家は戦意喪失パターンに入ったかもしれない」(国内証券情報担当者)との声も漏れている。

(QUICKデリバティブズコメント)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. やはり「ドル安」転換なのか 米CPI上振れ、金利上昇でも円高基調

  2. 円高じわり、107円台 店頭FXのドル円ポジションは?

  3. 日経平均VI、一時70%超上昇 ボラティリティ急騰、米>日>欧の順

  4. 通貨安競争は避けられた? 日本株、関心集める巨大バスケット取引

  5. ドル円、一時108円台 米財務長官のドル安容認発言でどうなる?

  6. 進むドル安、日銀人事…… ドル円相場、105円台からどうなる? 

  7. ドル円、1ドル=107円台 節目抜けなら100円台も視野

  8. ビットコイン、謎の大口買い 9~12日に4億ドル相当

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP