恐怖指数、2年5カ月ぶりの高水準 NYダウ急落でボラティリティが高まる

5日の米国市場で恐怖指数のVIXが大幅続伸。一時は35.73まで上昇して106.41%の急騰となり、2015年8月25日以来、2年5カ月ぶりの高水準に達した。米金利上昇への警戒感から株式相場が大荒れとなり、NYダウが24000ドルを割り込んで一時1597.08ドル安となるなど米株が急落する中、ボラティリティが急速に高まる展開となった。

(QUICKデリバティブズコメント)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

 

関連記事

  1. 恐怖指数のVIXが急低下、「不安領域」脱す

  2. ダウ急落再び 恐怖指数が急反発 VIXショートETFは大幅続落 

  3. 米時価総額上位は「AAA」に ネットの巨人5社で東証1部の半分超

  4. サイバーダイン、大株主が大量売却  どう動く空売り投資家?

  5. 注目の日銀副総裁、「雨宮・若田部氏案」と報道 市場はどう動くか

  6. やはり「ドル安」転換なのか 米CPI上振れ、金利上昇でも円高基調

  7. 円急伸、一時106円台 日経平均VI(145)と連動

  8. 円高じわり、107円台 店頭FXのドル円ポジションは?

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP