ビットコイン、ヘッジファンドが売り仕掛けか 米先物取引委がポジション公表 

米商品先物取引委員会(CFTC)が22日に公表したシカゴ・オプション取引所(CBOE)のビットコイン先物(XBT)のポジションによると、19日時点でヘッジファンドを含むレバレッジド・ファンドはロングが255枚、ショートが353枚となり、ネットで98枚のショートとなっていた。他の報告者ベースでもロングが467枚、ショートが1846枚となり、ネットで1379枚のショートとなっていた。

CBOEのXBTは10日(日本時間11日)に上場されたばかりだが、ヘッジファンドなどの「プロ」がビットコインに売りを仕掛けていることが確認できたといえそうだ。

★米商品先物取引委員会(CFTC)のホームページ
 

また22日の米株式市場では、ライオット・ブロックチェーンが大幅に続落。24.52ドル(前日比-3.08ドル、-11.15%)で取引を終えた。19日には高値46.2ドルを付けており、わずか3営業日で約半値へと下落した。足元の仮想通貨急落を受けて、手仕舞い売りに押されたようだ。

同社はバイオテクノロジー診断機器メーカーのバイオプティクスだったが、10月に仮想通貨やブロックチェーン事業買収という同社の新機軸を反映させるため、社名をライオット・ブロックチェーンに変更。仮想通貨関連銘柄との見方から人気化していた。

RIOT

 

※QUICKデリバティブズコメントおよびQUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. ビットコイン急落 新規参入の「ミスターワタナベ」に打撃 常連組はなお余裕

  2. ビットコインが一時急落、1万ドル割れに迫る場面も

  3. ビットコイン急落 韓国の取引所がハッキングで破産申請と報道

  4. フィンテックの一角が228%高 米CNBC「ビットコインの狂気」と警鐘

  5. ビットコイン急騰 買われた関連銘柄は? エヌビディア・・・

  6. ビットコインの時価総額が2870億㌦に増加 バンカメに迫る

  7. ビットコイン荒い値動き続く 11日8時から先物がスタート

  8. ビットコイン200万円突破 一時226万円まで上昇 値動き荒く「ペッツコム」の連想も

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP