任天堂が3%高 エヌビディアと組み中国でゲーム配信と報道

7日の東京株式市場で、任天堂株が続伸した。終値は前日比1320円(3.05%)高の4万4480円。英フィナンシャル・タイムズ(FT)など海外メディアは任天堂が米エヌビディアと組み、中国市場に進出したと報じた。膨大なゲーム人口を抱える中国市場を開拓する足がかりになるとの思惑が買いを誘ったようだ。

報道によると、任天堂はエヌビディアの据え置き型ゲームを通じ「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」「ニューマリオブラザーズ Wii」などのゲームの配信を始めた。FTはエヌビディアとの協業で任天堂は中国市場に進出しやすくなるだろうとの専門家の声を紹介している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

※日経QUICKニュース(NQN)が配信した注目記事を一部再編集しました。QUICKの情報端末ではすべてのNQN記事をリアルタイムでご覧いただけます。

 

関連記事

  1. 三井住友FGが高値 資本規制合意、高まる自社株買い期待

  2. 乱高下のビットコイン、取引所大手が送金手数料2倍に 決済停止する企業も

  3. 「慢心」が生んだ株急落 2カ月連続の波乱

  4. 「いぬ笑う」で来年も株高か 平均上昇率は9.8%

  5. Jフロント株が高値、パルコ効果に脚光 上野の客数7割増

  6. 原油相場に嵐の予感 OPEC・ロシアの協調減産に綻びも

  7. ビットコインに集まる個人マネー 関連株は人気離散

  8. 運用会社、ロボット見本市に初出展 関連投信のアピールに躍起

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP