市場に出回るファストリ株、わずか9% 日銀が招いた流動性リスク

上がり続けたかと思ったら、突然、急変し、下げ止まらなくなる――。こうした「一方通行相場」が最近の日本株の特徴だ。その原因は日銀による上場投資信託(ETF)購入との見方がある。日銀が株式を吸い上げることで、流動性が乏しくなり、海外のヘッジファンドは、そうした東京市場の特殊性に着目して、投機を進めるという構図だ。

17日の東京株式市場でファーストリテイリングの時価総額が、わずか数時間で1300億円変動した。株価が急速に伸び悩んだためだ。同様の現象は、日経平均株価が乱高下した11月9日にも起きた。この時は時価総額がわずかの間に2400億円動いた。

●17日のファストリの株価は大きく変動(QUICKの金融情報端末Qr1より)

日銀は一度、ETFを購入すると、いまの金融政策を続ける限り、売却しない。その結果、流通市場に出回る株数は徐々に減っていく。日銀によるETFの保有残高は21兆円で、東証1部の時価総額(650兆円)の3%強だが、一部の銘柄で加速する流動性の低下を危ぶむ声がある。

発行済み株式総数のうち、創業者一族などが保有し、市場には出回らない固定株を除いた株式(浮動株)の割合を浮動株比率と呼ぶ。

ETFに組み入れられている株式は通常、浮動株扱いだ。だが、ニッセイ基礎研究所の井出真吾チーフ株式ストラテジストは、日銀保有のETFに組み入れられている株式だけは固定株と考えて「実質浮動株比率」を試算した。

その結果、10月末時点でファストリは9%だった。昨年9月末時点よりも4ポイント強低下した。7年前の10年9月末時点では35%あった。このまま日銀がETFの買い入れを続ければ、18年10月末時点の実質浮動株比率は6.6%まで下がる見込みだ。

ファストリは浮動株全体に対して、日銀の間接保有割合が6割を超える。

同じく、2割を超えるアドバンテストや太陽誘電、TDKも実質浮動株比率は今後、1年間で3ポイント近く下がる。個別銘柄で日銀の保有比率が上がり、投資家の間で株式の品薄感が意識されると、「(需給逼迫がより強く意識されて)投資指標面で割高になったり、株価の変動率が上昇したりする可能性が高い」と井出氏はみている。

【日経QUICKニュース・田中俊行】

※日経QUICKニュース(NQN)の記事から厳選し、一部を再編集しました。QUICKの情報端末ではすべての記事をリアルタイムでご覧いただけます。

関連記事

  1. 進むドル安、日銀人事…… ドル円相場、105円台からどうなる? 

  2. 日銀副総裁候補の若田部氏、「量」から「金利」へのシフトに批判も

  3. 円が105円台接近、リスク選好でも上昇 日本政府の円高容認観測も

  4. ビットコイン、相次ぐ不祥事にくすぶる下値不安 換金売りに警戒解けず

  5. 円急伸 根雪の売り持ち解消進む 黒田総裁「再任」で前提崩壊?

  6. 楽天(4755)の株価、三木谷社長「実力が反映されていない」 昨年来高値から3割安

  7. 「VIXショック」を予見? 日本株、2月急落前に外国人売り「2兆円」

  8. 米エヌビディア、決算「満額回答」 荒れる相場に光明? AI普及加速

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP