大和投信の「日本株発掘」、11日から新規受付を停止

大和証券投資信託委託が運用する「日本株発掘ファンド」は、11日から新規申込みの受付を一時的に停止する。純資産総額(残高)が6日時点で642億円まで増え、信託金限度額の1000億円に近付いたためだ。

大和投信は7日の発表資料で「運用資産規模を適正な規模にすることで運用効率を維持するため」と説明している。受付停止の対象は「日本株発掘ファンド」と「日本株発掘ファンド 米ドル型」の2コース。

「日本株発掘ファンド」は今年4月以降、月間の設定から解約を差し引いた資金の流入超過が続いている。特に10月の資金流入額(推計値)は91億円と、2015年3月(108億円)以来の多さだった。投資対象は国内株式の中小型株が中心。

 マザーファンドが同じ「ジャパン・エクセレント」は受付を継続する。同ファンドの残高は6日時点で166億円。

大和投信の発表資料はこちら⇓

「日本株発掘ファンド」、「日本株発掘ファンド(米ドル型)」 新規買付けのお申し込みの受け付け停止のお知らせ

 

(QUICK資産運用研究所 望月瑞希)

関連記事

  1. 大和住銀「ニッポン中小型株」、新規受付を停止 22日から

  2. 大和投信「米国リート・αクワトロ」、分配金を減額 設定後初めて

  3. 投信の勢力図に変化 「国内株式型」が11年ぶり残高トップ10に

  4. 大和投信「ロボテック」、純資産総額が3000億円突破

  5. 「ダイワUSリートB」が分配金減額 5年4カ月ぶり

  6. つみたてNISAの対象ファンド、ETFが初の届け出

  7. 大和住銀「グローバルEV関連株」、当初設定額が合計869億円に

  8. 日興アセット「スマート・ファイブ」、残高が2000億円超 販売会社はゆうちょ銀

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP