家計簿アプリ、金融資産額の中間層が利用【日経リサーチ調査⑫】

家計簿アプリの利用状況は、金融資産額でみると、中間層の使用率が比較的高いことが日経リサーチが実施した調査で分かった。世帯年収別では、年収が多いほど家計簿アプリの使用率が高い傾向がみられた。

また、家族人数別でみると、1人暮らしまたは5人以上の家族で多く利用されている。2人暮らしの使用率が最も低かった。

※「日経リサーチ 生活実態調査データベース『データ・ア・ラ・モード』」のサイトはこちら↓
https://www.nikkei-r.co.jp/service/crm/alamode/
(QUICK資産運用研究所)

=おわり

***************************
<アンケート調査概要>
・調査タイトル:「生活実態調査データベース『データ・ア・ラ・モード』定期調査 金融資産・銀行編」
・調査実施機関:日経リサーチ
・調査実施期間:2017年6月21~26日
・調査対象:15歳以上の一般個人男女
・調査地域:全国
・調査方法:インターネット調査
・回収サンプル数:8万8000サンプル
***************************

関連記事

  1. NISAやiDeCoの認知度、収入や金融資産額で差【日経リサーチ調査⑪】

  2. NISA口座の開設率が高い県は・・・【日経リサーチ調査⑩】

  3. 「経済的問題」「生活設計」の悩み、若い世代ほど高く【日経リサーチ調査⑨】

  4. 最近始めた金融取引、シニア世代では「ラップ口座」も【日経リサーチ調査⑧】

  5. シニア世代の金融資産、平均は2414万円【日経リサーチ調査⑦】

  6. 投信保有率が高い県は? 香川、高知、滋賀・・・【日経リサーチ調査⑥】

  7. 投信に関する知識不足が浮き彫りに【日経リサーチ調査⑤】

  8. 投信購入のきっかけは「窓口」「外交員」【日経リサーチ調査④】

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP